2019.06.09 Inter FM「Daisy Holiday!」より

 

daisy-holiday.sblo.jp

 

H:細野晴臣です。えー…こんばんは。

?:こんばんは!54歳妻子持ちです。

H:なんだそれ(笑)名前言ってくれい。

テイ:あ、テイ・トウワです。

佑果:こんばんは。えー…DJ ハーモニーYukaです。

H:あ、そうなったんだ(笑)

テイ:「ハーモニーYuka」になったの?

??:ハーモニーっていう言葉が好きで、勝手に…(笑)

テイ:いいじゃん。「ナントカDJ」っていうのが一時、流行った時期もありましたね。

H:あー、そうね。

テイ:いいんじゃない?「ハーモニーDJ Yuka」とか。

佑果:いいですかね?「ハーモニー」入れたいなっていう気持ちがありまして。

H:きょうはDJ2人だから、もう、2人に任せるからね。

2人:いやいやいやいや…

テイ:恐縮ですよね、今週。もう…

佑果:最高の幸せです。

テイ:奉納でしょ、奉納。

佑果:奉納。

H:(笑)

テイ:「神様」にお団子とか…家の向かいでとってきた花とかを…お供えですか。

佑果:(笑)

 

H:じゃあ、そのお供え物を…最初、佑果ちゃん。

佑果:私ですか!

テイ:難しいよね。

佑果:うわー、最初ですか…どうしましょう。では…ロバート・フラック(Roberta Flack)の"I Wanted It Too"っていう曲なんですけど。

H:もう1回言って、ロバート・フラックから…

佑果:ロバート・フラックの、"I Wanted It Too"。

H:OK。

テイ:英語っぽく言ったほうが「正しい」ね、向いてるね。日本語っぽく言うとなんかね、拙くなっちゃうよね(笑)

佑果:そうですね(笑)

 

 

I Wanted It Too - Roberta Flack

(from 『Feel Like Makin' Love』)

 

 

H:なるほどね。

佑果:なんかもう、出会いと別れが…この世の中、ある中で。この曲を聴くと…いやー、この人に会えてよかったなぁ、とか。

H:そういう歌なの?これ。

佑果:「I wanted it too, just like you」、「あなたのおかげで今の私があるよ」みたいな。そういう…

H:んー…それってさ、DJじゃないね(笑)

テイ:(笑)

H:音楽ファンだよね(笑)

佑果:あ…そっか!

テイ:歌詞けっこう聴いてんの?

佑果:最近、けっこう…聴いてエモーショナルになるっていうのが好きで…

H:テイくん聴かないだろ?(笑)

テイ:聴かないっすね(笑)

佑果:すいません!(笑)ちょっとエモーショナル過ぎちゃったか…

テイ:いやいやいや、おもしろい。

 

テイ:佑果ちゃんは一応後輩DJということで、先輩面してますけど…最初だけ。「あのー、DJやってみたいんですけど…」って言うから。

H:あ、そうなんだ。

テイ:それで…いっぱいね、近年、女子DJが今…USBとかをポーチから出して…彼氏が曲を入れたUSBをですよ。

H:(笑)

テイ:ポーチから出して、ピュッ、て。「おはーざーまーす」みたいな。

佑果:(笑)

H:そんな感じなんだ、いま(笑)

テイ:そんな感じなんで…佑果は背もあって顔も小さいし、手足長いから、レコードがいいよ!つって。

H;あー、それで…んー。

テイ:そうなんです。動きがダイナミックで。で、「レコード、何買ったらいいんですか?」って言うから、いや、ジャケ買い、つって。

H:なるほど。

佑果:最初ジャケ買い

テイ:そういう正しいアドバイス、2つしただけだね。「レコードをジャケ買いしろ」。

佑果:(笑)

テイ:[DJって]ホントにフリースタイルというか、広すぎて…なにをどう教えていいかわかんなくて。それがいいな、と思って。

H:なるほど。

テイ:あの、ファウンデーション(基礎、基盤)みたいのが無いじゃん。僕らだとYMOがあって、ヒップホップ、ハウスとかから始まって…

H:なんかね。系列でやっちゃうね。

テイ:系譜が無い、というか。

H:ホント、なんか音楽が好きなんだね、佑果ちゃんはね。

佑果:そうみたいですね…

H:メロディとかにすごい敏感だよね。良い曲に反応してるよね。

テイ:そうなんですよ。

佑果:感じちゃいますね。リピートしちゃって。一回入っちゃうと…

テイ:アナログ以外も、Spotifyとか。やっぱりいまどきの子っぽくすぐその場で検索して…検索力とかあるんで。

H:そうだよな。んー。

 

H:では、その先生。

佑果:(笑)

テイ:いや…(笑)ただの先輩面のヅラですよ。

H:先輩面って…僕の前では後輩面なのに…(笑)

2人:(笑)

H:なんだこりゃ…(笑)

テイ:えーとですね…ぜんぜん、新しい曲ほぼ聴いてないんですけど…古いレコードばっか買ってますけど。細野さん、ご存知かな?まあ、じゃあ、一応…

H:聴かせて?

 

 

Norwegian Wood (This Bird Has Flown) - Jackie & Roy

(from 『Changes』)

 

 

H:曲は知ってる。タイトルが出てこない…タイトルが出てこない…(笑)

テイ:"ノルウェイの森(Norwegian Wood)"です(笑)

H:そうだ。あのさ…有名な曲ってインストで聴くと、知ってるんだけどタイトルが出てこない(笑)

テイ:そうですね(笑)まあ、変わりアレンジということで…なんでしょう、最近やっぱ、自分の[音源を]作ってるからか、ぜんぜん関係無いもの。こういうコーラスデュオ…ジャッキー&ロイ(Jackie & Roy)っていう夫婦の…

H:あ、ジャッキー&ロイは有名だね。んー。

テイ:はい。まあ、こういうのとか…聴いてますけど。

H:なるほどね。

テイ:なんですかね、アレンジを聴いてるというか…

H:テイくんは独特だよな、聴き方が。アレンジ、っていうか、音で聴いてるよね。

テイ:そうですね。このフルートいいな、とか。

H:うんうん。歌詞、絶対聴かないよね(笑)

テイ:聴かないですね(笑)自分の曲も…[他の人に詞を]任せたやつとか、聴いてないですね(笑)

佑果:あ、そうなんですか!

テイ:[取材とかで]質問されたりしても、わかんない、って…(笑)

佑果:なるほど…

H:どっちかっていうと僕もそれに近いよ。一応…仕方なくっていうとアレだけど、歌詞書いてるけどね(笑)

テイ:え、でも細野さんの歌詞、やばいですよね。

佑果:いつも心打たれちゃいます。"Honey Moon"とか。

H:あー、"Honey Moon"…

テイ:でもやっぱり、サビで「クシャミをひとつ」とかね。

[*"冬越え"の一節。]

H:恥ずかしい、それ…花粉症が無かった時代だから、「ひとつ」でよかったんだよ(笑)

テイ:あー(笑)

H:いま、「ひとつ」じゃ済まないじゃん。

テイ:なるほど。すごい、季語というか…僕が言うのもおこがましいですけどね。

H;いいよいいよ、その話は(笑)

佑果:(笑)

テイ:はい(笑)

 

H:じゃあ…佑果ちゃんかな。

佑果:えー!(笑)細野さん、聴きたいですけど…

H:僕はきょうは聴く…いまんとこまだね、浮かばないんだよ。

佑果:じゃあ、浮かんだらいつでも…

H:うん。なんかかけてくれたらそれに対して…っていう。

テイ:なるほど。

佑果:そしたら、えーと…じゃあ、ボビー・チャールズ(Bobby Charles)の…

H:出た!それだ。

佑果:"Small Town Talk"。

H:いい曲。

佑果:お願いします。

 

 

Small Town Talk (Single Version) - Bobby Charles

 

  

H:はい。ボビー・チャールズの"Small Town Talk"。

佑果:大好きです…

H:これも…音楽好きが聴いてる曲だけど…(笑)

佑果:ついつい歌いたくなります。

H:不思議だよ(笑)だって、僕が20代の頃に…たぶん、ティン・パン・アレイの頃かな。はっぴいえんどの頃はまだ無かったかな…その頃聴いてたんだから、[当時の]20代の男の子が聴くような音楽だからね、これ。

佑果:なるほど(笑)

H:そのうち、だから…はっぴいえんどみたいなバンド作んないと(笑)

佑果:そうですね(笑)

H:なんか…不思議でしょうがないよ。僕が聴いてきた音楽を、今また追体験してるっていう…不思議だなぁ…なんだこれは。んー。

佑果:んー、おもしろいです。

 

H:ボビー・チャールズについてね。出てきたから言うけど、日本に来たことがあって。

佑果:はい・

H:レヴォン・ヘルムLevon Helm)といっしょに、オールスターズ(Levon Helm & The RCO All-Stars)で来たんだよね、たしか。

テイ:うん。

H:で、スタジオに呼ばれて。久保田麻琴が仕切って。「いま、みんな来てるから」って。すごいメンバーが来てた。レヴォン・ヘルム、ボビー・チャールズ、えー…忘れちゃった、あとは(笑)

テイ:(笑)

H:で、僕の曲をやるっていうんだよ。"Roochoo Gumbo"をセッションでやって。ボビー・チャールズは酒瓶を片手に、酔っぱらって"Roochoo Gumbo"を歌ってた。

佑果:えー、そうだったんですか。

H:で、その前にこの"Small Town Talk"はヒットしてたんだよ。まあヒットって、我々の中でね。良い曲~、とおもって。

佑果:なるほど…うれしいですね。

H:で、この人、フィフティーズのとき…1950年代にロカビリーでヒットしてて。ニュー・オーリンズの歌手で。それをちょっと聴いてください。"See You Later Alligator"。

 

 

See You Later Alligator - Bobby Charles

 

  

H:…っていうような曲なの。典型的なリズム&ブルース。ニュー・オーリンズのね、スタイルが。

佑果:はい。

H:えー…どうすんだろ。ボビー・チャールズ聴いた後、なに聴くんだろう。佑果ちゃんはね。これから。

佑果:あー、自分だったら…でも、エルヴィス・プレスリーで行きたいなって(笑)

H:いいね(笑)どんどん遡ってるな…

テイ:そうですね(笑)

H:不思議だよなぁ…でも、系列が自由なわりにはやっぱり辿ってるよね。

佑果:あー…

H:1970年代、っていうくくりはあるね。ひとつ。まあ…これから先が楽しみ、ということでテイくん、お願いします。

テイ:あの…僕も元々、YMOが最初の…最初に見た…なんでしょう。最初に見たのを親と思うじゃないですか。

H:鳥だ、それじゃあ…(笑)

佑果:(笑)

テイ:なので、プレスリーを…YMOがカヴァーした。

H:あー!

テイ:知ってる?

佑果:はい。

テイ:元曲、知ってた?

佑果:元曲…ちゃんと聴いてないかもですね…

テイ:ワンコーラスでいいかもしれないですけど、聴いてみましょう。

H:いいね。

 

 

Pocketful Of Rainbows - Elvis Presley

 

  

テイ:"Pocketful Of Rainbows"。2分半の曲です。

H:なんでこれをYMOがやろうとしたんだっけな…

テイ:ビックリしましたね。

佑果:気になりますね…

H:まあ、当時ね、プレスリーをいっぱい聴いてたんだよ、僕。これはできないな…と思いながら聴いてたの。ぜんぜんテクノじゃないからね(笑)

テイ:そうですよね。

H:でも、この曲ならできそうだと思って、日本語歌詞を湯川れい子さんにお願いしちゃって…出来てきて。で、やってみたら、まあまあ…

テイ:(笑)

H:ライヴで踊りながらやったんだよね(笑)

佑果:えー!そうだったんですか!

H:振り付けがあった(笑)

佑果:観たいですね…振り付け、気になります。

H:うん。如月小春さんっていう、いまはもう亡くなっちゃってる振り付け師の方に頼んでね、やってもらったんですよ。

テイ:へぇ…

佑果:なるほど…

H:んー、どうしよう………眠くなってきた(笑)

2人:(笑)

H:先に進めるか…

テイ:プレスリーは、細野さんはリアルタイムで…?

H:うん。聴いてた。

テイ:スターでしたか?

H:あのね、姉の世代のアイドルだから…最初に聴いたときはニュース番組で聴いたの。"Heartbreak Hotel"を腰ひねりながら歌ってるっていうのが顰蹙買って、PTAに怒られて…(笑)

佑果:えー!

www.youtube.com

 

H:で、「エドサリヴァン・ショー(The Ed Sullivan Show)」に出た時は…それ観てないんだけど、腰から下は映さなかったんだよね。

テイ:えー(笑)

H:上半身だけなの。

テイ:セクシー過ぎて…

H:セクシー・シンボル、うん。

佑果:えー!そうなんですか…

テイ:ビートルズが出てくる前ですよね。

H:前。もう、50年代の終わりごろ。で、60年代になって兵役にとられて。兵隊になっちゃったの。帰ってきたらG.I.カットになってて。頭髪がね。

テイ:うん。

H:で、もう映画俳優になっちゃったの、その頃。『G.I. Blues』っていう。それを姉に連れられて観に行ったんだよね。

テイ:そのときおいくつぐらいだったんですか?

H:僕は中学2年かな。んー。

佑果:へぇ…

H:だから、熱狂的にはならなかったよ。ただ後で聴いて、すごい影響されたけどね。

テイ:その頃にはもうビートルズとか出てきてましたか?

H:直前。まだ出てこない。ビートルズは1962年にヒットチャートに入ってきた。

テイ:そのとき細野さんはおいくつでしょう?

H:中1、だったかな。中1、中2かな。んー。

[*プレスリーの『G.I.Blues』日本公開が1961年。ビートルズのデビューシングル『Love Me Do』リリースが1962年10月(英国)。そして細野さんは1947年7月生まれ。]

 

佑果:いいですね…ライヴは観に行かれたことはありますか?

H:プレスリー

佑果:えーと、ビートルズ

H:行かれないよ、ぜんぜん…(笑)プレスリーも観たことないし。

テイ:[当時の]ニュース[映像]を見る限りとんでもないことになってましたもんね。

H:もう、女性ファンばっかりだから…

佑果:私だったら絶対行くなー、と思いました…(笑)

H:行くだろうね(笑)

テイ:ね。行って気絶してる人いるもんね。

H:でもさ、後半の「エキゾチック」って言われたヒラヒラのね、プレスリーのスタイルあるじゃん。

テイ:はいはいはい。

H:なんか、フリンジの付いた、ね。あれは見たくないわ。

テイ:(笑)

佑果:なるほど(笑)

H:太っちゃったんだ。

テイ:そうですよね。

H:なんかね、イメージ変わっちゃったんだよね。んー。

www.youtube.com

 

H:じゃあ、プレスリー…をかけようと思ったけどやめて、その元になった…"Such A Night"っていう曲、プレスリーが大ヒットさせたんだけど、元はドリフターズ(The Drifters)の曲なんでそれを聴いて。"Such A Night"。

 

 

Such A Night - The Drifters

 

  

テイ:いいですね。これは何拍子になるんですか?

H:普通だよ(笑)食ってるだけだよ。1,2,3,4,1,2,3,4...

テイ:おもしろい。リズムがおもしろいなと思いましたけど。えーと、どうしよう…難しいね、奉納は(笑)

H:(笑)

テイ:失礼があってもいけないし…

H:いいんだよ(笑)なんでもいいの。

テイ:あ、でも…やっぱり細野さんの曲を聴いて頂くっていうね。

佑果:もちろん。

H:あ、そう?

テイ:最近、僕…これ知らなかったんで。

H:ああ。聴かして。なに?

テイ:あの、ラジさん(Rajie)の"月の光"という曲を…

H:なつかしい…

テイ:聴いてみましょう。

H:じゃあ、これ最後だね。また来週ね、お願いします。

 

 

 

月の光 - Rajie

(from 『Quatre』)

 

 

H:唐突だな、これ(笑)

2人:(笑)

H:この流れはすごい…

 テイ:でも、モロにYMOの1st,2ndの頃の音色だよね。

H:うん。たぶんこれ、教授(坂本龍一)がやってるんじゃないの?アレンジ。

テイ:この声は誰ですか?

H:これはラジ。

テイ:この、低い男の人は…

H:教授の声に似てるな。

テイ:あー…教授に声似てるけど、かな…?どうだろう…

H:なんか、ドイツ語っぽい。

テイ:そうですよね。

H:…教授だよ(笑)ドイツ語好きだもん、だって(笑)

[*クレジット曰く「クロード芹沢:Narration」……]

 

2019.06.02 Inter FM「Daisy Holiday!」より

 

daisy-holiday.sblo.jp 

H:こんばんは。細野晴臣です。えー、先週に引き続いて、Little Glee Monsterからいらっしゃった…manakaちゃん。

ma:よろしくお願いします!

H:よろしく。どうだったかな、先週。

ma:はい。めっちゃ楽しかったです。やっぱりコーラスとか…私も普段からあの時代の曲をすごいたくさん聴くので、また新たな発見ができて…

H:いや、もうね、ほんの少しだよ。もう、いっぱいあるから。ホントはね(笑)

ma:えー、もっと知りたいです!

H:全部、でも、自分で集めて聴けばいい(笑)

ma:そうですね(笑)でも、細野さんから知って、また辿っていくっていうこともホントにたくさんあるので…

H:それはいいかもね。おもしろいかもね。んー。

ma:はい。

H:まあ、だから…ヒントみたいのはね、全部あげるんだけど。

ma:ありがとうございます。

 

H:じゃあね…先週、アンドリュース・シスターズ(The Andrews Sisters)が出てきたんで、その人たちのいちばんヒットした曲が…ホントはね、ブギウギばっかりやってたんだけど、戦争中にいちばん人気があったんだよね。

ma:おお…

H:第2次世界大戦のとき。日本は暗かったけど、アメリカはブギではしゃいでたんだよね(笑)

ma:えー、そうなんだ…

H:その中でいちばん兵隊さんに人気があったのがアンドリュース・シスターズ。

ma:んー。

H:でも、ヒットした曲が…まあ、ブギもヒットしたけど、大ヒットは…日本でもヒットしたのがあって。それは戦後なんだけど。"Rum And Coca-Cola"というカリプソの曲を聴いてみましょうかね。

ma:はい。

 

 

Rum And Coca-Cola - The Andrews Sisters

 

 

H:…っていう、感じ(笑)

ma:んー!「下り」がすっごい、私、好きです。あの、♪Coca-Cola~のところのハモりの下り方がすっごい…

H:あの、アンドリュース・シスターズって三声が平行して動いていくじゃない。

ma:はいはいはい…なんか、だからこそ生まれる気持ち良さがありますよね。

H:そうね。でも、このアンドリュース・シスターズの真似してる女性たち、いっぱいいるんだよ、今も。アメリカに(笑)

ma:あ、今もですか。

H:人気ある。うん。なんか、真似しやすいのかもしれないね、これ。

ma:でも、楽しいですよね。ちょうど気持ち良いハモが多いな、って思いました。

H:そうかそうか。まあ、でも、何聴いてもこの和声っていうか…(笑)

ma:はいはいはい(笑)

 

open.spotify.com

 

H:で、前に番組呼ばれたときに1曲かけたブギがあるんだけど、それのオリジナルが…やっぱり1940年代の、戦争中の人で。

ma:はい。

H:僕もやってる曲なんだよね。"The House Of Blue Lights"っていう曲。それのオリジナルね。歌っているのはエラ・メイ・モース(Ella Mae Morse)という歌手です。

 

 

The House Of Blue Lights - Ella Mae Morse

 

 

H:…っていう(笑)

ma:うんうんうん…なんかやっぱり、こう…心も跳ねますよね。

H:跳ねるよね(笑)

ma:なんか、それがすごい気持ち良いですね。うん。

H:僕ね、4,5歳の頃ブギウギ聴いてて。飛び跳ねてたんだよね。

ma:(笑)

H:だから、子どもにすごくウケる。ライヴでこういう曲やると、前のほうに座ってる5,6歳の女の子がね、やっぱり飛び跳ねてるんだよ(笑)

ma:なんかこう…たぶん、小っちゃい頃ってもっと感受性豊かじゃないですか。

H:リズムにすごい反応する。うん。

ma:そう、そうなんですよ。だからなんですかね…?

H:うん。だから、manakaちゃんもまだ小っちゃいから…(笑)

ma:そうですね(笑)まだまだ…まだまだいけると思います(笑)

H:(笑)いや、ブギに反応してくれるとね、すごい僕はうれしい。やりがいがあるっていうかね。もう、無くなりつつある音楽なんだよね。

open.spotify.com

 

www.youtube.com

 

open.spotify.com

 

H:さて、なんか持ってきてくれたんだよね。

ma:そうです!あの、恐縮ながら…選ばして頂きました。

H:いや、聴きたいな。なんだろう。

ma:最近聴いている曲で選ばして頂いたんですけど…

H:いいよいいよ、もちろん。

ma:それでは、聴いてください。スー・レイニー(Sue Raney)で"Once Was A Time I Thought"。

 

 

Once Was A Time I Thought - Sue Raney

(from 『New And Now!』)

 

 

H:んー…知らなかったね。誰これ?(笑)

ma:スー・レイニーという歌手のカヴァーアルバムみたいな…ビートルズも入ってるんですけど。カヴァーされてて。

H:へぇ。

ma:で、原曲を聴いたんですけど、これもカヴァーなので。なんか、原曲よりも私はこのカヴァーがいいなぁ、と思って。

H:あ、ホント?原曲も知らないわ(笑)

ma:(笑)そう、私もぜんぜん知らなかったんですけど、調べて…「ママン&パパン」っていうグループの曲なんですけど…

H:ママス&パパス(The Mamas & The Papas)だ。

ma:あ、そうですか!(笑)私もこのカヴァーがきっかけで知ったので…あ、こんな方もいらっしゃるんだ、と思ったんですけど。

H:あ、ママス&パパス、なつかしい…ママ・キャス(Mama Cass, Cass Elliot)っていう太った女性シンガーがいて、その人サンドイッチ食べて喉詰まらせて死んじゃったんだよね(笑)

ma:えー!

H:そんなこと、いま思い出したよ(笑)

ma:サンドイッチ…ありゃ…

open.spotify.com

 

open.spotify.com

 

H:そのね、ママス&パパスのジョン・フィリップス(John Phillips)っていうシンガーがいて。その娘さんが、ビーチ・ボーイズThe Beach Boys)のブライアン・ウィルソンBrian Wilson)の娘さんとウィルソン・フィリップス(Wilson Phillips)っていうグループ作って曲を出してるんですけど、ちょうどいまそれを思い出したんで聴いてみようかな。"Good Vibrations"。

 

 

Good Vibrations - Wilson Phillips

(from 『Dedicated』)

 

 

ma:んー、おもしろい…!

H:あ、やっぱり?(笑)これ、ぜったい反応すると思ってたんだけど。

ma:すごい…なんですか?

H:これ、難易度が高いよね。

ma:ですね。え、全部声ですよね?

H:声でやってるね。

ma:えー!これは最新ですか?新しい?

H:いや、わりとね、古い…何年前かな、これ。ちょっと憶えてないな。10年以上前だよね?んー。

[*「親世代」の楽曲カヴァーを多数収録した『Dedeicated』というアルバムの中の1曲。リリースは2012年ながらジャケットに漂う2000年代初頭感…]

ma:すごい…え、めっちゃ好きです。

H:だと思ったよ(笑)

ma:おもしろい!うれしい…(笑)

H:これ、レパートリーに入りそうだもんね。

ma:いや、めっちゃやりたいですけど、こういうのって現実的にすっごい難しいですよね?

H:まあ、レコーディングだからできるっていうね。

ma:そうですよね。めっちゃ、でも、聴いてて楽しいですね。

H:そうだよね。いちばん[曲に]入り込んでたね、いまね(笑)

ma:いえいえ…(笑)なんか、めっちゃ曲調が変化していくから…

H:そうそうそう。

ma:お、こんな曲になったか、みたいな感じで。曲がり角が多かったです。

H:そうだね(笑)まあ、話の流れでママス&パパスが出てきたんで、かかったんだよね。

open.spotify.com

 

H:もう1曲、なんか、持ってきてくれたの?

ma:はい。もう1曲選ばして頂いたんですけど…はい。フォスター・シルヴァーズ(Foster Sylvers)で、"Misdemeanor"。

 

 

Misdemeanor - Foster Sylvers

(from 『Foster Sylvers』)

 

 

H:これは僕、知らない…いつの人だろう、これ?

ma:えっと、ジャクソン5(The Jackson 5)が流行った時代に…

H:やっぱりそうなんだね。

ma:そうなんです。[彼らに]憧れて歌っていた子たちの…ジャンルが「キッズ・ソウル」っていうらしくて。

H:なるほど。子どもだもんね。

ma:私、個人的になんですけど…ソウルって精神的に元気なときにしか…構えて、よし聴くぞ、って思うときに聴くなぁ、っていうイメージなんですよ。私自身が、なんですけど。

H:なるほど。

ma:なんですけど、キッズ・ソウルはなんか…とにかく[音楽を]かけとこかな、くらいのテンションで聴けるんですよ(笑)

H:気楽に聴けるんだね。わかるわ(笑)

ma:そうなんです(笑)なので、最近…これはそのジャンルの中ではド定番だと思うんですよ。なんですけど、私はこれがすごい好きで。

H:聴いててね、あ、ジャクソン5みたい、と思ってた(笑)

ma:そうですよね。そっくりなんで、かわいらしくて…最近よく聴いてます。

H:かわいいよね。そっかそっか。おもしろい…ぜんぜん知らない世界だ(笑)

open.spotify.com

 

www.numerogroup.com

 

H:じゃあ、ちょっとね…最近のね。1970年代に僕たちがすごい影響を受けたリトル・フィートLittle Feat)っていうバンドがロサンゼルスにいて。

ma:はい。

H:そこにローウェル・ジョージLowell George)っていう、亡くなっちゃったんだけど、ギタリストがいて。その娘さんがいま、活躍してるんですよ。イナラ・ジョージ(Inara George)というお嬢さんで…そのイナラがやってるユニットで、ザ・バード・アンド・ビー(The Bird And The Bee)という…まあ、とてもユニークな男女ですけど。彼らの曲で、"Birds and the Bees"。

 

 

Birds and the Bees - The Bird And The Bee

(from 『The Bird And The Bee』)

 

 

H:こんな感じ。

ma:んー、知らなかったです。

H:僕も。

ma:え?(笑)

H:なんか、有名な曲[カヴァー]だと思ったらオリジナルだった(笑)

ma:めっちゃ、でも、いいですね。すごい好みです。

H:僕も。

ma:ホントですか?(笑)

H:ホント(笑)なんか、声の処理が素晴らしいよね。最近こういうの無くなっちゃってるから、余計良いよ。なんて言うんだろうね。

ma:うんうん。

open.spotify.com

 

[*もしかして:]

open.spotify.com

 

 

H:じゃあね、時間が無くなっちゃったんで最後に…僕がいちばん好きなザ・パイド・パイパーズ(The Pied Pipers)というコーラスグループ。

ma:はい。

H:これはね、有名な歌手の後ろでコーラスをする、っていう仕事が多くて。それがまたいいんです。じゃあね、いっぱいあるんですけど…フランク・シナトラFrank Sinatra)が若い頃…1940年代頃のレコーディングですけど、ザ・パイド・パイパーズのコーラスといっしょにやってます"Stardust"を聴いて、これで…また来てくださいね。

ma:はい、ありがとうございます。

 

 

 

Stardust - Frank Sinatra

 

 

open.spotify.com

2019.05.26 Inter FM「Daisy Holiday!」より

 

daisy-holiday.sblo.jp

 

H:こんばんは。細野晴臣です。えー、きょうはね…2回目かな?Little Glee Monsterから、manakaちゃん。いらっしゃい!

ma:よろしくお願いします!

H:えー、なぜ、来てくれたかというとですね…[今年の]2月ごろに他の放送局で放送した…僕がゲストでLittle Glee Monsterの中に入っていって…

ma:はい(笑)

H:いろんな曲をかけたんだよね。

ma:そうです。いろんな曲を教えてくださって…

H:いやいやいや…そのときに、選曲したのをまとめて今度あげるよ、なんて言ったことを…少し憶えてる(笑)

ma:(笑)

H:いやいや、ちゃんと憶えてるんだけど…(笑)

ma:私は全力で真に受けてて…(笑)

H:あ、そうなんだ、すみません…(笑)

ma:いつ頂けるのかな、ドキドキ…って思ってたんですけど…今夜こうしてまた出させて頂けてすごくうれしいです。ありがとうございます。

H:はい。そうですよね…[まとめたCDを]取りに来たっていうか…(笑)

ma:そうです、いただきに参りました(笑)

natalie.mu

 

H:それで、いろいろ考えたんだけど、難しくてね。意外と。

ma:いやー、またこの時間を過ごせるっていうのがすごいうれしいです。

H:じゃあ、まあ…テキトーに選んできたんだよ(笑)

ma:うれしい~ありがとうございます!

H:で、やっぱりLittle Glee Monsterならではの選曲とか考えちゃうんだよね、ついね。でもダメだ。

ma:えー!そんな贅沢な…聴きたいです、聴きたいです。

H:ホント?どうしてもコーラスものとかね。

ma:もう大好きです。はい。

H:じゃあ…こないだね、かけたエンジェルズ(The Angels)が気に入ったんだっけ?

ma:そうですね、大好きになりました。

H:"My Boyfriend's Back"という曲ね。あの頃、1960年代の初期にああいうガール・ポップのグループがいっぱい出てきて。白人黒人問わず。

ma:はい。

open.spotify.com

 

H:で、その中で…僕は中学生だったのね。いろいろ…ヒットパレードっていうのを聴いてて、いい曲ばっかりだった。

ma:ですよね。ホントに…すごいです。

H:で、シフォンズ(The Chiffons)の"One Fine Day"っていう曲を…ヒットしたやつを聴いてください。

 

 

One Fine Day - The Chiffons

 

 

H:もう終わっちゃうんだよね、短い…2分9秒しかない(笑)

ma:短い!

H:この頃のは大体2分半…3分っていうのはあんまりないね。

ma:でもなんか、そのぐらいの曲の潔さがすごい好きなんですよ。

H:そうだね。んー。

ma:で、なんか、エンジェルズは「不良」って前言ってましたよね(笑)ちょっと悪いグループみたいな…

H:ちょっとね(笑)

ma:この方たちはどういう感じなんですか?

H:この方たちはね…(笑)

ma:(笑)

H:黒人の…4人組ぐらいかな?で、あんまりよく知らないよ?でもヒット曲はけっこうあって…この曲はキャロル・キングCarole King)が作曲したんで…

ma:おお…

H:後で、キャロル・キングって人はすごいな、って。いろんなヒット曲書いてるんで。

ma:そうですよね。

H:16, 17歳ぐらいの頃からやってるからね。彼女は。

ma:長い…

H:まあ、こういうのは60年代で、今から50年以上前だからね。信じらんない(笑)

ma:信じられないです、ホントに。

open.spotify.com

 

H:えーと、manakaちゃんは…ミレニアムベイビーって聞いたけどね。

ma:はい。そうです、2000年生まれなので…

H:ものすごいホヤホヤな感じだけど、もう平成が終わっちゃったね(笑)

ma:そうですね(笑)人生初の経験なので、どんな心境なんだろう、と思ってて。

H:うんうん。

ma:で、なんか…そうなんですよ、細野さんにもそれをお聞きしたくて。

H:あの…さっきも話してたんだけどね、平成の時はね、暗かったね。

ma:んー…

H:要するに、はしゃいじゃダメ、みたいなね。音楽かけちゃダメ、とかね(笑)そういうことがあったよ。

ma:そうですか…

H:でも今回はみんな…なんかちょっと楽しんでるでしょ?

ma:そうですね。ちょっとドキドキ…みたいな感じでしたよね。

H:うん。まあ、これからずっと…当分は令和だからね。

ma:あー、そっか…

H:もう、だから、昔の人になっちゃうよ(笑)

ma:いやー、私も!なっちゃいますよね、でも(笑)「あの頃は…」みたいな(笑)

H:(笑)まあ、でも…令和に活躍する人たち、と。そう思ってますから。

ma:がんばります!

 

H:そういえば、アジアツアーやったんだって?

ma:はい。去年初めてやらせて頂いたんですけど、やっぱりアジアの皆さん、すごく熱狂的に応援してくださる方が多くて。

H:あー、やっぱりね。うん。

ma:もうなんか、1曲目からホントに…なんて言うんやろ、個人個人が「熱い」っていう…一人ひとりが盛り上がってくれるから、それが集結してもっとすごいパワー、みたいな。

H:すごそうだな(笑)

ma:そうなんですよ(笑)でも、日本ってちょっと…最初の1曲目からそんなにあたたまることって…

H:無いよね。

ma:徐々に徐々に会場が一体化してくる、っていうイメージなんですけど、[アジアは]もう、1曲目からすごかったですね。

H:みんなよく聴いてるんだよね、それで。詳しいし。

ma:そうですそうです!日本語が上手な方がすごい多くて。

H:そうそうそう。

ma:細野さんもこの前、台湾行かれてましたよね。

H:そう。2月に行って来て…まあ、[盛り上がり方は]それほどじゃないけど、僕の場合は(笑)

ma:いえいえ…

H:1曲目から…っていうわけじゃないけど、やっぱりみんなよく聴いててくれて。

ma:そうですよね。

H:こんな年寄りの音楽をよく聴いてるな、と思って。ホントにもう、ありがたいですよ(笑)

ma:全世界にとって「神」です。

H:いやいやいや…(笑)また…また[神様って]言われてるな…(笑)

ma:(笑)

spice.eplus.jp

 

H:そうだな…じゃあね、なんにしようかな。キャロル・キング、シフォンズか…えーとね、"Crying in the Rain"ってヒット曲があって。

ma:はい。

H:これもキャロル・キングが作曲してて、自分でも歌ってますけど…ヒットした張本人たちを聴きたいんで、エヴァリー・ブラザース(The Everly Brothers)。前もね、紹介して…こういう独特なコーラスおもしろいよ、みたいな。

ma:うんうん。

H:聴いてください。"Cathy's Clown"。

 

 

Cathy's Clown - The Everly Brothers

 

 

H:はい、"Cathy's Clown"っていう曲で…エヴァリー・ブラザースっていう兄弟。

ma:兄弟なんですね!だから声が似てるんだ。

H:似てる。おんなじ声してるんだよね。

ma:なるほど…なんか、なかなかこんなに声質の似たハモりとか珍しいな、と思って。1人で[多重録音で]やられてるのか、もしくは…って思ったんですけど、兄弟だったんですね。

H:そうそうそう。

ma:そっくり…すごい…

H:なんかね、独特の声もいいけど、わりとルックスもいいんだよね(笑)

ma:えー、カッコいいんですか?

H:うん。人気あったんだよね。アイドルだった。えー、こういう兄弟がいたらこういう曲、歌ってもらいたいな、とか思うんだけどね。

ma:いいですよね。

H:なかなかね、いなくて。

ma:でも、こんなに声が似てるのもすごいな、って思います。

open.spotify.com

 

open.spotify.com

 

H:さあ、それで…なんにしようかな。この頃に集中しようかな。60年代で、んー…パリス・シスターズ(The Paris Sisters)っていう…暗い、3人組の女性ボーカルグループ。

ma:興味あります(笑)

H:ものすごく暗さを狙ってるっていうね。で、当時レスリー・ゴーアLesley Gore)っていう明るい少女歌手がいたんですけど。

ma:はいはいはい。

H:その人はいっぱいヒット曲を出して…"It's My Party"っていう大ヒット曲があって。[曲調は]明るいんだけど、内容は…自分のパーティで自分のボーイフレンドが[別の]女の子に取られちゃった、みたいな歌で…(笑)

ma:うんうんうん。

H:そういう曲なんで、本当は暗い。その暗さを前面に出したのがパリス・シスターズで、"It's My Party"のカヴァーをやってます。

 

 

It's My Party - The Paris Sisters

 

 

H:まあ、原曲を聴くとビックリするぐらい違うんだけど…(笑)

ma:そんなにですか![歌詞の]内容を聞いてから聴いたのでこの曲を…すごい、なんか、怨念みたいなものを感じちゃうぐらいの…

H:そうそう(笑)

ma:リバーブが怖さをさらに引き立てますよね、声の(笑)

H:たしかに(笑)

 

open.spotify.com

open.spotify.com

 

H:えーと…30分なんでどんどん行っちゃうけどね。じゃあね…いまのは60年代の1960年から1964年ぐらいまでの音源なの。

ma:はい。

H:その頃ってね、なんて言うんだろ…ある意味ではポップスがバーン!と花開いたの。

ma:はい。

H:で、その前の1950年代ぐらいからもいっぱい、いい曲があるんだけど、その頃のことは僕はまだ子供で知らなかったのね。

ma:あー。

H:後で聴いて、これ知ってる!って、記憶のどこかにあるわけね。その中の一つにペイシェンス&プルーデンス(Patience & Prudence)っていう女性2人。若い女の子。

ma:うんうんうん。

H:で、独特の掛け合いがあるっていうか…なんて言うんだろう、エヴァリー・ブラザースにちょっと似てるっていうかね。

ma:おお。

H:元祖ですけど。"Tonight You Belong to Me"っていう曲です。

 

 

Tonight You Belong to Me - Patience & Prudence

 

 

H:はい、これは1分54秒っていう…(笑)

ma:これ大好きです!

H:あ、だろうと思った(笑)

ma:あの、ナンシー・シナトラNancy Sinatra)が歌ってるヴァージョンのもすごい好きで…

H:あ、そうだ。うんうん。みんなこれ歌ってるんだよね。

ma:ですよね。これが元祖、原曲ですか?

H:いや、もっと古い曲だと思うよ。ちゃんと知らないんだよ僕も(笑)

*1926年、アーヴィング・カウフマン(Irving Kaufman)によるものが最初とのこと。

ma:めっちゃ、でも、ぜんぜんアレンジも変わりますね。すごい素敵、これも…

H:そうなんだよ。この2人組はなかなかね、特徴があるんで…いまだに色褪せないです。

open.spotify.com

 

open.spotify.com

 

H:もう1組、コーデッツ(The Chordettes)っていう、女性グループがいて…

ma:もう、大好きです…

H:♪Mr. Sandman~っていうのがけっこうね、最近、テレビでもちょくっちょくBGMで使われたりしてね。

ma:はい。

H:じゃあ、コーデッツで…"Mr.Sandman"っていうのはよくかかってるんで、それはかけませんが…"Teenage Goodnight"という曲を。

 

 

Teenage Goodnight - The Chordettes

 

 

H:はい、あんまり…好きじゃなかった、これ(笑)

ma:予想外の…(笑)

H:なんか特徴のない曲だなぁ、と思って…

ma:(笑)

H:やっぱり"Mr.Sandman"のあのすごいインパクトがね…ちょっと、頭だけ聴いてみようか。

ma:はい。

 

 

Mr. Sandman - The Chordettes

 

 

H:やっぱり、これがいいわ(笑)

ma:いいですね。

H:アルバムとか聴いてると、これがやっぱり、いちばんいいんだよね。

ma:んー。

 

open.spotify.com

 

open.spotify.com

 

 

H:というわけで…先に進んでいいかな。なんか、すごい焦ってるんだよな、僕(笑)

ma:(笑)

H:ちょっと落ち着いて、なんか話そうかな。

ma:おお…

H:えーと、manakaちゃんは小っちゃい頃からこんなような音楽を聴いてたんだっけ?

ma:そうですね。なんか、辿って行くうちに辿りついて…っていうことが基本的に多くて。

H:あー、じゃ僕とおんなじじゃん(笑)

ma:(笑)で、なんか…それこそ"Mr.Sandman"とかはLittle Glee Monsterが結成して、最初に「やりたい曲を考えてきてくれ」って言われたときに提出した曲でもあって。

H:おお!

ma:ただ、ぜんぜん…大却下されて(笑)

H:ホント?(笑)そうだったんだ。

ma:いや、もう、なんか…そんな感じだったんですけど、基本的には辿って行って…って感じですね。

H:そうか。でも、そういう人はめずらしいかもね。"Mr.Sandman"を子どもが…子どもでしょ?だって(笑)

ma:そうですそうです(笑)もちろん。

H:それを選曲のリストに入れたっていうのはビックリしたよ。

ma:いやいやいや…でもホントに、それこそ細野さんから、細野さんが好きな、ルーツとして選ばれている曲とかも、本とか見ながら…

H:勉強家だね。

ma:聴いていって、これ好きだ、と思ったのをまた探っていって…みたいな。

H:そういえば、この番組…ずっと聴いてくれてたんだよね(笑)

ma:そうなんです。もうホントに、ただのリスナーだったので、ここに居れてることがすごくうれしいです。

H:いや、よかった。こっちもうれしいね、それは。初めて紹介されたとき…ライヴのときに来てくれたんだよね。

ma:そうなんです、念願のライヴだったんですよ!

H:で、この番組、そんなに若い人が聴いてるんだ、ってそのとき初めて知ったんだよね。誰が聴いてるかわかんないんで…(笑)

ma:いや…もう、ホントに大好きで聴いていて…で、このDaisy Holidayで流れた曲をまた聴いて…っていうことも、ホントにたくさんしてて。いろんな音楽と出会った時間でもあるので…すごいホントに、うれしいです。

H:そうか。これからそういうのが役に立つといいけどね(笑)

ma:いや、[自分と同じような人は]ホントにたくさんいらっしゃると思います。もっともっと。

H:いやいや、manakaちゃん本人はそれを吸収してる最中じゃない?いまは。

ma:はい。

H:それをどうやって、これからね、表現してくのか。楽しみだね。

ma:そうですね…

H:却下されるかもね(笑)

ma:(笑)なんか、『HOSONO HOUSE』から、またこうして2019年に『HOCHONO HOUSE』ができて…

H:あ、言ってくれた、「ホチョノハウス」(笑)

ma:(笑)いや、私大好きなんですよ「ホチョノハウス」っていう響き(笑)

H:あ、それはよかった(笑)

ma:いちいち言いたくなるような、大好きな響きなんですけど…(笑)なんか、冗談でもいいので、『HOSONO HOUSE』ができた時に、そういう未来って想像できてましたか?

H:いやいやいや…ぜんぜん。未来無いと思ってた(笑)

ma:えー…なんか、そういう話とかも聞きたいと思ってて。

H:なんでも訊いて。

ma:え、いいんですか?(笑)

H:うん。

ma:今年で音楽生活50周年ですよね。

H:長すぎるね…(笑)

ma:いや、もう、ホントに…「すごい」って言葉で片付けたくないし、片付かないんですけど、想像ってついてたのかなぁ、って思って。

H:20代の頃、後先はホント考えなかったよ。そういう時代だったのかも。その日暮らし。

ma:えー!

H:住所不定無職(笑)

ma:それこそ…(笑)

H:いやー、だから…50年経って振り返ると、やったことは全部その場で忘れてきたのに、[レコードとして]全部残っちゃってるから…(笑)

ma:すごいですよね…

H:ビックリしてるんだよね、実はね。みんながそれを聴いてたりするっていうことが最初は信じらんなくて。

ma:はい…

H:で、いまのネット時代で、世界中がそうやって聴けるようになったから…ということはよくわかるんだよね。

ma:んー…

H:でも、大体昔は…普通、出したやつは廃盤になっちゃうから。消えちゃうんだよね。でも、なぜかね、いつも…復刻してくれるっていうか…(笑)

ma:(笑)やっぱり、いいものって残ってくんだな、って、めちゃくちゃ感じます。

H:だから、まあ…良い意味でも悪い意味でも「残っちゃう」から、ちゃんとしたもの作んないとダメだなって思うわけ(笑)

ma:なるほど…(笑)

H:だからね、残っちゃうよ?(笑)

ma:えー…そっか。

 

H:えーと…じゃあ続きを進めようかな。

ma:はい。

H:じゃあね…ちょっとだけこれを聴いて、次の曲に進めるんですけど。

ma:はい。

 

 

Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive - Paul McCartney

(from 『Kisses On The Bottom』)

 

 

H:えーと、これは誰だかわかるかな?

ma:これ………誰だろう?

H:ポール・マッカートニーPaul McCartney

ma:え!あれ?

H:(笑)

ma:ありましたっけ、こんなの?

H:あのね、こういうスタンダードを集めたアルバムを出したんだよね。あんまり日の目を見なかったけど(笑)

ma:はいはいはい…すいません。

H:で、この曲…大好きな曲なの。で、こんな曲取り上げてやってるんだ、と思ってね。ビックリしてたんですけど。さすが、ポール・マッカートニーだな、と。

ma:んー。

open.spotify.com

 

H:これの原曲はジョニー・マーサー(Johnny Mercer)っていう人が作って、歌ってたりするんですけど…ビング・クロスビーとアンドリュース・シスターズ(Bing Crosby & The Andrews Sisters)が歌ってるのがいちばん良い出来なんで、それをちょっと聴いてみたいと思います。じゃあ、これを最後に…また、この続きは来週、ということで。

ma:はい。

H:それでは、ビング・クロスビーとアンドリュース・シスターズで、"Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive"。

 

 

Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive - Bing Crosby & The Andrews Sisters

 

 

 

open.spotify.com

 

 

 

2019.05.19 Inter FM「Daisy Holiday!」より

"伊賀航ショウの前テーマ"として生き残り続けるHarry Breuer("Tropicale Stephanie")...

 

daisy-holiday.sblo.jp

 

H:こんばんは。細野晴臣です。えー、きょうは5/7の午後3時過ぎ…きょうっていうか、いまですね。都内のスタジオで…今月の18・19日に福岡・海の中道海浜公園で行われる「CIRCLE '19」のリハーサルのため、いつものメンバーが集まってます。

 では、ここからは、この時期おなじみの伊賀航ショウを…伊賀くんに仕切ってもらって、番組を進めてもらいます。

 

@*&@*&@*&(ジングル)@*&@*&@*&

 

∽∽∽∽(♪伊賀航ショウの前テーマ)∽∽∽∽

 

伊賀:こんばんは。伊賀航です。いまもベースを弾いています。

高田:(爆笑)

伊賀:ここは笑うところじゃないですよ。なにも言ってないんで…

H:そっか(笑)

 

伊賀:さて…いま、細野さんが言ってくださったように…きょうは5/18-19に福岡・海の中道海浜公園で行われる「CIRCLE '19」のリハーサルで、メンバーが集まっているわけですが…全員が集まるのはですね、えー…あの、台湾公演、以来、ですかね?

卓史:そうかもしれません。

伊賀:そうですか。

H:で、令和になってから初めてだよね。

高田:あ、そうですね。

伊賀:まさにそうですね。まだ[令和に]なって、間もないですもんね。

H:そうですよ。

高田:(笑)

伊賀:あの…みなさん、どこで令和を迎えられましたか?

H:…家の中だよ。

高田:(笑)

伊賀:僕も家の中でした…(笑)

H:え?渋谷にいたんじゃないの?(笑)

伊賀:いやいや…(笑)家の中でした。テレビ見てました。あの、儀式を。

H:だいたいみんなそうじゃない?

大地:そうでしたね。

伊賀:見てた?儀式。

大地:ん、見てたと思いますね。

伊賀:卓史くん見てない。

卓史:見てないですね…はい。

H:パチンコ屋?ホントに?

卓史:はい、テレビ無いんで…

H:じゃなくて、パチンコ屋にいたの?

卓史:違います違います(笑)家にいました。

伊賀:え、じゃあ、家で…なん…いつの間にかそうなってたってこと?儀式も終わって…

卓史:儀式ってなんですか?

伊賀:なんか、あったんですよ。

卓史:へぇ…

H:いいや、野村くん、ぜんぜん興味ないみたい。令和に。

卓史:そうですね。

高田:(笑)

 

伊賀:では…台湾公演以来、みなさん、なにされてたんですか?

高田:(笑)

H:なにしてたんだろう…(笑)

伊賀:いきなりここに飛んできた…

H:自分はなにしてたの?

伊賀:僕は…(笑)僕はなにしてたかっていうと、ホントに…振り返ってみると…

H:もう振り返っちゃうんだ。

卓史:(笑)

伊賀:とくに…特にとくないです。

H:「令和を振り返る」。

高田:(笑)

伊賀:早いですね…(笑)

卓史:この1週間…(笑)

 

伊賀:はい、それでは…

H:お?

伊賀:ここで曲を…じゃあ、誰か、かけたい曲、ありますか?

高田:…

大地:…

卓史:…

H:シーンとしちゃった。

伊賀:あの、僕、かけたい曲っていうか…す…最近聴いてる曲があって。それをじゃあ、言ってもいいですか?えーと…宇多田ヒカルさんの…"Keep Tryin'"という曲なんです。

H:そうなんだ。んー。

高田:(笑)

伊賀:はい。それが最近…ずっとその曲好きだったんですけど、またその熱がきて…

高田:令和で?

伊賀:令和で…令和にあやかって…

高田:あやかって?(笑)

H:あやかってって…あやまってじゃない?

伊賀:あやまって…(笑)令和にあやまって…?以上です。

高田:(笑)

 

 

Keep Tryin' - 宇多田ヒカル

 

 

▼△▲▽▼△▲▽(ジングル)▼△▲▽▼△▲▽

 

伊賀:さあそして、今年はアメリカです。えー…5/28-29がニューヨーク…ニューヨーク!6/3がL.A.です。あ、ロサンゼルスです!

高田:(笑)

伊賀:伊賀さ…昨年のロンドンも初でしたが、アメリカも初ですか?

野村:それ読んじゃう…(笑)

高田:そのまま[台本を]読んでるね…(笑)

H:自問自答?

伊賀:ちょっと…誰かが問うてくれないと、ちょっと…

H:伊賀くんは初めてなの?

伊賀:あの…アメリカって言っていいのかわかんないんですけど、昔、会社員で働いてるときに、会社の慰安旅行でグアム島に行きました。

H:(笑)アメリカかもね。

卓史:一応、アメリカですね。

大地:あ、じゃあ行ったことないの俺だけですね。

H:あ、行ったことないんだ?

大地:はい、ないです。

H:意外だね。え、電車いっぱい走ってんじゃないの?

卓史:そうですね(笑)

大地:もう…2日間かかるような電車…卓史もね、アメリカ行ったことあるしね。

卓史:あ、小学校のときに家族旅行で…

H:へー。リッチね…

卓史:いやいや…

伊賀:どこですか?アメリカのどちらへ?

卓史:ニューヨーク…と、あとカナダに行ったりしてました。

H:何歳ごろ?

卓史:12歳とかですね。

H:あー。もう大きいよね。

伊賀:もう、[英語は]ベラベロ…ベラベラですね。そしたら。

高田:(笑)

卓史:(笑)それからもう、ずいぶん経ってますけど…

H:伊賀くんだよ、ベロベロなのは…(笑)

伊賀:すみません(笑)

高田:卓史くんは翻訳機があるからね。もう怖いもんないよね。

卓史:あ、そうだ。

H:ロンドンで重宝したよね…あ、台北か。

卓史:そうですね。

伊賀:あの、僕と大地くんは、4月になる前に会ってて…英会話をね。

大地:英会話習おう、って。

H:いまさらなにを…(笑)

高田:けっこうギリギリだね(笑)

大地:結局、令和になって習ってないです、まだ、俺。

伊賀:そしたら、その英会話の…英会話の先生がネットにいっぱい出てるんですよ。教えてくれる人。

大地:個人で。

H:んー。あ、そっか。

伊賀:それを見始めたら、かわいい先生とか見つけたくなって…(笑)

H:目的が…(笑)

伊賀:目的が変わってきたっていう…(笑)

高田:(笑)

H:結局どうしたの?まだやるつもりなの?これから。

大地:まだやってないですね。あと2,3週間ですけどね。どうでしょうか…(笑)

H:えー?(笑)

大地:え、伊賀さんは?

伊賀:僕、結局習ってないんですけど、iPadのアプリで…英会話アプリっていうのを入れたんですけど。

高田:翻訳するやつ?

伊賀:なんか…質問に答えたりとか。あとは…iPadに向かってしゃべって、発音が正しいかどうか…

高田:おお…

H:じゃあ、アメリカ行ったらそれでずっと…

伊賀:自問自答ですね(笑)

高田:(笑)

 

◎●○◎●◎○●(ジングル)●○◎●◎○●◎

 

伊賀:恒例…リサーチマン・伊賀航の、アメリカのお客さん情報は?あっ…

H:なんか知ってる?

伊賀:いま、読んでおいてなんにもリサーチしてない…

H:してないんだ(笑)

伊賀:どう…どうですか、みなさんは。その辺。

卓史:あの、俺は現地のことはわかんないですけど…知り合いの中で、「細野さんがニューヨークでライヴやるなら日本から行く!」っていう…

高田:うんうん。

H:じゃあ、日本でやればよかったね(笑)

高田:(笑)

卓史:ホントですね…(笑)

伊賀:たしかに…(笑)あ、それがリサーチってことで…?

卓史:リサーチっていうか…まあ、そういう人…4人くらいいます。

伊賀:なるほど…ありますか、漣くん?

高田:いや…実際のお客さんがどういう人が来るのかわかんないですけど。まあ、自分が意識してるからかわかんないですけど、最近よく、ネットニュースみたいなやつとかテレビとかで、細野さんだったりはっぴいえんどだったり、日本の昔の音楽を聴いてる若い人がいる、っていう情報はわりと耳にしてるような気がしてるんですよね。

H:んー。

高田:だから、どういう人が来るのか楽しみですよね。

H:いや、ホントにね。

伊賀:そうですね。

H:あの…こないだラジオに出てくれた五木田さん(五木田智央)っていうアーティストの情報によると、ニューヨークのレコードショップか…帽子屋さんだ。日本の人がやってるんだよ。

伊賀:あ、はい。

H:人気がある店で。そこに…どんな人が来たんだっけ…地元の人か。ニューヨーカーか(笑)2人来て、そこの店で流してたのが僕の曲だったんだね。『HOCHONO HOUSE』か。

伊賀:新しいアルバムですね。

H:そしたら…なんて言ったの?

(D:「ハルオミだ」って。)

H:あ、そうだ思い出した(笑)「ハローミだ」って。「はるおみ」って言えない(笑)「これはハローミだ」って言ってて。聴いてんじゃん、と思って。

高田:おお、すごい。

H:そんなような話は聞いた。こないだ。

高田:知り合いが…ちょうどこないだニューオーリンズのジャズフェスがあって。

H:うん。いいな。

高田:で、そこに行ってる写真をいろいろ上げてたんですけど、普通のレコード屋さんの写真が写ってたんですよ、外からの。

H:うん。

高田:細野さんの…例のアロハ着てる写真のパネルが飾ってありましたよ。

H:おやおや…

高田:だから、普通に…そういうレコード屋さんとかで、いまみなさんが聴いてるんだなぁ、ってそのとき思いましたね。

H:あの、Light In The Atticで使った写真だね、それ。

高田:あ、たぶんそうですね。はい。

H:彼らがいろいろやってくれてるのかもしれないね。

lightintheattic.net

 

伊賀:いやー…リサーチが進んでますね。

H:そうでもないよ(笑)

高田:急にシメたね(笑)

伊賀:(笑)

 

 

Choo Choo ガタゴト・アメリカ編 - 細野晴臣

 (from 『HOCHONO HOUSE』)

 

    

伊賀:あっ…ところでみなさん、アメリカでしたいことはありますか?伊賀さんは…あっ…僕は…

高田:止めた…(笑)

大地:自問自答…(笑)

伊賀:僕、したいことはもう、すっごいあるんですけど…たとえば、普通にブロードウェイとか行って、こう…よく、ニューヨークの街並みとかの紹介で出てくるようなところ見たりとか、あと…ライブとか観たりとかしたいなぁ、と思ってるんですけど…そんな勇気があるかどうかはちょっとわかりません。

高田:(笑)

H:勇気いるかな…(笑)

卓史:(笑)

伊賀:いや…あれ…と…近ければいいんすけどね、自分のいる場所から。歩けるかな?みたいな。そういう、いろんな障害…

卓史:[伊賀さん、しゃべりながら]考えてます…

高田:伊賀くん、ホテルから一歩も出ないじゃん、だいたい(笑)

伊賀:出ようかな…まずは出たい、と思ってます。

高田:(笑)

伊賀:みなさんどうですか?

高田:僕は…メトロポリタン・ミュージアムで、いまちょうど「ロックの殿堂展」みたいのをやってて。

H:んー。

高田:いろいろ、有名なアーティストの楽器が飾ってあるっていう…

H:あ、それなんか聞いた。

高田:うん、新聞に出てて…せっかくニューヨーク、1日あると思うんで、行って観に行きたいなぁ、とは思ってますね。

伊賀:あの…僕も行ってもいいですか?

H:連れてってあげて…(笑)

高田:(笑)あの、歩いて行けますから、泊まるところから。

伊賀:…便乗します。

高田:(笑)

nme-jp.com

 

伊賀:みなさん、どうですか?

卓史:大地はなんか、観たいライヴが…

大地:あ、ロスに到着する日の夜、自分の大好きなジョン・ブライオン(Jon Brion)っていう人のライヴがあるっぽいんで、行きたいなぁ、と思います。

伊賀:あっ…それも便乗…

高田:(笑)

大地:便乗しますか?(笑)予定が埋まっていきますね。

卓史:俺もそのジョン・ブライオン、大地に教えてもらって好きだから、いっしょに行きたいな、と…

伊賀:いっしょに行きますか。

wl.seetickets.us

 

卓史:あとは、バンドみんなで楽器屋行ったりとかね。

高田:行きたいね。

伊賀:行きたいね、楽器屋さんね。

高田:ノーマンズギターショップだっけ…有名な。ありますね。

www.normansrareguitars.com

 

伊賀:どうですか、細野さん。

H:僕?…ライヴに出たい。

高田:(笑)

H:それしかいま、頭にないからね。

伊賀:そうですよね(笑)

H:いいな、みんな。

高田:(笑)

 

 

Lady Bird - Jon Brion

 (from 『Lady Bird (O.S.T.)』)

 

    

 

伊賀:ライヴ終わってからは何日か滞在したりするんですか?

H:あのね…ロサンゼルスが終わった次の日かな、DJやるの。

伊賀・高田:え?

H:なんか、水原姉妹が呼びかけて…「細野テクノ」みたいなことやれ、っていうから…(笑)まあ、音源かけるだけだけど。

伊賀:どっかクラブとか、そういう…?

H:どこでやるんだろうね。ぜんぜんわからないです。行ってみないと。

伊賀:じゃあ、なんか、持ってくんですか?アナログレコードとか、CDとか…

H:いやいや、そこまでは持ってけないよ。

伊賀:あ、そうですよね。

H:あの、[電子]ファイルで持ってく。

伊賀:それは楽しみですね…ニューヨークの後とかは?

H:ニューヨークの後は…別にないよ。うん。なんかあの…ダイナーに行きたいね。

高田:うんうん、行きたいですね。

伊賀:ダイナー…?

H:なんか、情報あったら教えて。

高田:じゃあ僕、調べてみます。

伊賀:食堂ってことですか?

H:まあ食堂だけどね、古い。日本でいえば「キッチン」みたいな。

高田:うん。

伊賀:あー…僕も行ってみたいです。

H:いいよ、誘うよ。

高田:伊賀くん、予定いっぱいになったね(笑)

伊賀:よかったです、ホント…(笑)

H:(笑)

伊賀:えー…今回も楽しい旅になりそうですね!

H:…そうかな(笑)

大地:(笑)

高田:急だよね(笑)

 

伊賀:伊賀航ショウ。というわけで、いかがでしたか?

(D:もう終わっちゃうの?(笑))

H:(笑)

伊賀:ダメですか?(笑)時間的にどうですか?

(D:もうちょいかな。)

伊賀:え、もうちょい…

高田:この[台本の]「細野さんはいつ以来?」っていうの、訊いてみたら?

伊賀:細野さんはいつ以来ですか?アメリカは。

H:いつ以来だろう…あれ?数年ぶりかね。あの、ヨーコさん(オノ・ヨーコ)の…ツアーっていうか、ライヴを何回か…ロサンゼルスとニューヨークでやったのかな。

伊賀:2011年*。

H:あー、そうか。じゃあずいぶん前だね、やっぱり。

[*おそらく2010年2月16日のブルックリン音楽アカデミーで行われた公演のこと。細野さんはゲストとして参加。

https://www.whereseric.com/eric-clapton-news/303-plastic-ono-band-brooklyn-academy-music-eric-clapton-joins-yoko-ono-klaus]

 

伊賀:そのときはどうでした?楽しんだ…?

H:あのね、そのときは気楽だったね(笑)みんなと同じ。楽しかった(笑)

高田:なんか、けっこう写真とか撮ってましたよね?

H:そうそう(笑)あの気楽さはいいね。

高田:(笑)

伊賀:今回は、自分が…

H:イヤになっちゃうよ、ホントに(笑)どうしよう。もう、悪夢を見ちゃったんだよね。

伊賀:え?

H:当日、飛行機…アメリカ行きの飛行機に乗り遅れるっていう…(笑)

高田:(笑)

伊賀:リアルですね(笑)

H:リアル…すごいよ。なんだろう、本当だと思ってたの。夢だと思ってなかったの。

伊賀:あ、覚めるまで…(笑)

H:うん。だから、夢でよかったぁ、と思って…(笑)

伊賀:ごく最近ですか?

H:うん、ついこないだね。ホントね、ダメ。気が弱いっていうかね。気が小っちゃくて。

伊賀:ホントに、そうなったら…マズいですね。

卓史:(笑)

H:(笑)そうなんだよ、マズいよ…大変なことになる。

高田:(笑)

伊賀:あの…あれですか、細野さん。アメリカでやろうと思ってる曲とか…

H:それはね…あの、実はさ、今回みんなに…初めてだけど、アンケートとったんだよね。

伊賀:はい。

H:この場を借りて皆さんにお礼を言いたいんだけど。すごい参考になったんだよ。

伊賀:おお…

H:で、だいたいみなさんの言うことは共通してる。アメリカで受けるためにはどうのこうの…って、やっぱりみんな思ってるんだな、って。僕もそうだけど(笑)

高田:うんうん。

H:だから、ちょっと考えてるとこ。いま。まだはっきりしてないんだよ。

伊賀:いくつか、「こうしたらいいかな」みたいなものがある中のどれか、みたいな…

H:新しくやることもあるけど…きょうリハだよね。

伊賀:そうですね。

H:なんにも用意してないんだよ(笑)

一同:(笑)

伊賀:じゃあ…これから、っていう感じで。

H:これからだね。何日かあるしね。うん。

伊賀:楽しみにしてます…こんな感じで、じゃあ…

H:いいの?(笑)

大地:早く終わらせたそう…(笑)

卓史:(笑)

高田:急にシメるから(笑)いろんな話を…(笑)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇(ジングル)◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

§§§§§§§§§§§§(ED)§§§§§§§§§§§§§

 

伊賀:というわけで、いかがでしたか。半年ぶりの伊賀航ショウ。令和初のDJでしたが、うまく…うまくいきましたか?いってません!

大地:(笑)

伊賀:いつも、そんなにうまくいってるとは思ってないですが、えー…よく、長く続いてるなぁ、と…

高田:(笑)

H:そんな長く続いてたの?(笑)

卓史:(笑)

伊賀:…我ながら思っております。令和になって思うことは?えー…やっぱり、昭和に生まれた人間としてはですね、なんかもう、だんだん、だんだんと時代が新しくなって、古い人間になっていく、っていうようなことを実感しております。…さて、シメです。

高田:(笑)

伊賀:番組への感想やご意見はメールでお願いします。すべて小文字で「holiday@interfm.jp」までお願いします。毎回言ってますが、あまり来ていないので、よろしくお願いします。では、まつ…ま…(笑)では、またいつか、お会いしましょう。みなさんお元気で。伊賀航でした。

 

大地:出演してるけどリスナーの気分。

伊賀:気楽だ!気楽だよ(笑)

一同:(笑)

 

伊賀:俺、きょうなんか夢…ヘンな夢見たもん。

高田:伊賀航ショウの所為で?(笑)

伊賀:モヤモヤモヤモヤしてて…

 
 
 
 
 

2019.05.12 Inter FM「Daisy Holiday!」より

 

daisy-holiday.sblo.jp

 

H:こんばんは。細野晴臣です。さて!先週に引き続き、テイくんと五木田くん。お2人を…先週の続きからね。

五:はい。

テイ:そうですね。

H:僕は5/28, 29、ニューヨークに行くんですけど、みなさん来ないの?

五:そうですね…ちょっと、その時期は行けないんですよね…

H:そっか。

テイ:時差がキツいですよね、ニューヨークは。

H:(笑)

五:真逆ですからね(笑)

テイ:いちばんキツい。

H:僕は行かなきゃいけないんだから…(笑)

テイ:仕事ですからね(笑)

五:2日間やるんでしたっけ?

H:2日間やるんだよ。

テイ:あ、2日になった…増えたんですよね?

H:増えちゃった。

テイ:2日ともsold out。

H:もう、どうしようかと思って…どう思う?大丈夫?僕。ニューヨーク。

テイ:大丈夫ですよ。

五:大丈夫です。あの、僕の友達がですね…ニューヨークで帽子屋をやってまして。

H:いまそれ、かぶってきたやつ?

五:そうです。

テイ:「横山帽子公司(YokkoyamAHatMarket)」。

H:へぇ…

五:彼が…店内でですね、細野さんの曲をかけてると…

H:ありがたいね。

五:ニューヨーカーたちの反応がすごいらしいです。

H:初めて聞くね、それね。

五:カタカナで…「なんつってんの?」って言ったら、「ハローミ、ハローミ」って。

H:ハローミ(笑)

テイ:(笑)

五:「This is Hello-Me?」みたいな。

H:なるほどね。小っちゃい頃、女の子から「ハローミちゃん♪」って呼びかけてきたよね。

五:(笑)すごい人気みたいですよ。ホントに。

H:ホントに?なにが人気なんだろう?(笑)ぜんぜんわからない…こんなおじいちゃん…

五:その帽子屋さん、横山くん(横山寛久)っていうんですけど、横山くんも「なんでこんなに人気あるんですか?細野さん」っていう…

H:でしょ?なんで?

五:わかんないですね…

H:わかんないよね…

mkt.com

 

テイ:で、『花に水』とかサンプリングした…ヴァンパイア・ウィークエンド(Vampire Weekend)が歌つけたりとか。

五:あー…

H:そうなんだよ。なんで?

五:『花に水』…(笑)

テイ:あれ、カセットだからね。

五:カセットブックですよね。

H:だいたい、あの曲なんて[自分では]忘れてた、っていうか…(笑)

五:(笑)

テイ:ホントですか?

H:店内BGMだから…(笑)あれの、どこがいいのかな、と…

テイ:いやいやいや…

H:訊きたいんだよね。ど、どうなの?

テイ:まあ、でも…ライヴではね、あれは…こないだも言いましたけど、客入れのときでいいんじゃないかな、っていう…(笑)

五:あー。

テイ:細野さん、広すぎて…やってらっしゃることが。

五:『Endless Talking』とか。

テイ:そうそうそう。

H:そうなんだよ。広いんだよ。

五:異常な広さですよね。

H:50年やってるからしょうがないでしょ(笑)

テイ:いや、でも…ずっとワンコードの人もいるじゃないですか。ずーっと打ち込みの人とか。

五:いますね(笑)

テイ:だから、細野さんの場合は広すぎて…それがたぶん、僕が分析するに、インターネットでなんでも検索できちゃう時代…

H:いまの時代だからね。

テイ:そうなんですよ。検索したらこれもハローミでこれもハローミだった…みたいな。

H:(笑)

テイ:ラウンジもやってるし、アンビエントもやってるし。打ち込みも…

H:なんでも屋だからね。器用貧乏っていうか。

五:(笑)

テイ:いやいや…んなことないですよ。

H:いや、ホントにそうなんですよ。

www.timeout.jp

 

H:そいで?

テイ:それで、えーと…Sketch Show聴きましょうか。

H:おお!聴かして(笑)ひさしぶり…

 

 

Wonderful To Me - Sketch Show

 (from 『Audio Sponge』)

 

    

H:このくらいかな?

テイ:あ、ちょうどいま…3分13秒か。

H:DJ(笑)

五:(笑)

H:Sketch Show、いま聴きたくなる感じはわかるよ。

テイ:『HOCHONO HOUSE』を聴いて。

H:そう思うでしょ。

テイ:はい。

H:自分もそうなんだよ(笑)なんかまた…こういうのもいいなと思って。んー。

テイ:まあ、おこがましいですけど、このとき本当に…『テクノドン(TECHNODON)』のときよりもYMOっぽいな、と僕は思いましたけど。

H:そうだろうね。『テクノドン』のときは…なんかね、YMOを脱しようと思ってたんだね。たぶん。

テイ:大人[=「関係者」]がいっぱいいて…

H:そうそうそう。で、けっこう悩みながら作ってたけど、Sketch Showはぜんぜん悩まなかったからね。楽しんでやってた。

テイ:模索して。

H:そうそう。『BGM』が好きじゃない?幸宏(高橋幸宏)も僕もね。「あんな感じでやろうよ」なんてね。それでこういう曲ができた。

テイ:そういう感じがするよね。

五:んー。幸宏さんも、「『テクノドン』のときはつらかったな…」って…(笑)

H:みんなそう思ってたよ(笑)そうそうそう…ニューヨーク…ニューヨークの思い出…ううー。

五:「みんなピリピリしててさぁ…」って言ってましたね。

H:そうなんだよ。もう…ニューヨークって満月の日、すごいみんなピリピリするんだよな。

五:あー…なるほどね。

H:んー。なんか…大変だった。言えないけど。大変だったんだよ。

五:そうですか(笑)

テイ:僕はあのとき坂本さん(坂本龍一)の事務所の預かりだったんで…

五:なるほど。

H:そうだね。

テイ:で、初めて細野さんとはそこで…最初に教授。幸宏さんは審査員としてお会いして…とあるオーディションで。僕は映像で賞獲ったんですけど。と、細野さんで…

五:え、じゃあ、細野さんとテイさんはニューヨークで会った?

テイ:そうです。

H:あ、そうだ。

テイ:それで、「あ、君が教授のとこの若者か」。

H:(笑)

五:「君が」っていう…(笑)

テイ:いやいや…「教授側」では別にないです、って…(笑)

五:(笑)

テイ:YMO、みんな好きです、って思って。

H:そうだったよ。なんか、最初から…ヘンテコリンな話をしだしたじゃん。宇宙人かな…なんだろう。

テイ:えーとね…そのときハマってたカセットの…ミニマルなアンビエントのカセットを細野さんにコピーして。

H:あ、それを聴いたんだよ。そしたらハワイのニューエイジだったんだよ(笑)

五:(笑)

テイ:そうなんですよ(笑)

H:そう(笑)まあ、気持ち良かったけど。

テイ:そういう、ニューエイジ部分でクロスするところあるかな、って。僕、やっぱりニューヨークにいたから、周りはヒップホップとか多くて。で、細野さんはアンビエントのほうの…L.A.とかシスコとか…ヨーロッパの人とシンクロしてたから。

H:どっぷりだった。

テイ:共通項がニューエイジくらいかな、っていう。社交辞令というか…

H:いや、うれしかったよ。YMOアンビエント色が無かったから、当時。ひとりで…孤独だったんだよね。で、ニューヨークって[アンビエントの潮流が]無かったんだよね。

テイ:そうですね。僕はちょっと聴いてましたけど。

H:よかったよかった。

テイ:"Dolphinicity"とか好きでしたけどね。

H:あ、ホント?

五:んー。

H:いや、あのチャントはね、いまだに憶えてるよ。ドローンのね。

テイ:そうですね。まあ、でも、いま考えると「神様」に、ハワイのニューエイジが作ったカセットをコピーして渡すなんて…

H:「神様」ってなんだよ…(笑)

テイ:すごい暴挙に出たなと思って…(笑)

五:大暴挙ですよ(笑)

テイ:ちょっと調子に乗ってたな、と…(笑)ま、でも、一応その前にディー・ライト(Deee-Lite)ってバンドで調子ぶっこいてたんで…

H:そうだよ。

五:大ヒットですからね。

テイ:だから、まあ、しょうがないのかな、っていう…「教授のとこの若者」ではないな、と…(笑)

H:いや、スターじゃん。ね。

テイ:いやいや…自己主張がちょっとありまして…

www.youtube.com

 

テイ:でも、まあ、リミックスさせて頂いたりとかして。

H:んー。まあ、それ以来だからずいぶん古い付き合いだよな。

テイ:1992年?93年?ぐらいですか。

五:あ、そっか、90年代なんだ…

H:「若者」っていうイメージはいまだに持ってるんだけどね。そうでもなくなっちゃったけどね。

テイ:そうなんですよ。だから…そうそう、幸宏さんと話してて…いま聴いた"Wonderful To Me"っていうSketch Showの1stアルバムの曲は2002年で、細野さんが55歳。幸宏さんが50歳。

H:あ。じゃあ、[いまの]2人だ、おんなじじゃない。

五:やば…

H:働きざかりだね。

五:(笑)

テイ:え?(笑)

H:いや、ホントホント。

五:そっか…

テイ:そうなんですよ。

H:じゃあ、2人で音楽やんないの?

テイ:音楽はやってない…DJやるぐらいですね。まあでも、五木田くんもホントにおもしろいんで、もうちょっと…去年、3回でっかい展覧会やったっけ?

五:そうですね。

テイ:東京オペラシティと、香港と、L.A.と。

H:あ、すごいね。

テイ:で、今年の初めに香港やって…

五:くたびれましたね、ちょっと。個展やりすぎっていう…

テイ:ね。あ、そうそう…追っかけてておもしろいのは、だいたい12枚前後になってる場合が多くて…

H:12枚って、なにが?

テイ:あ、絵です。飾ってある。大きいやつとか…小っちゃいのもあるよね?

五:うん。

テイ:こないだは小っちゃいので20枚ぐらいあったから、ダブルアルバムみたいな…話してると、アルバム作ってる感じで…

H:なるほど。音楽が好きだからね。んー。

五:ひとつの個展がアルバムですね。

テイ:「これとこれがリード[曲]」みたいな。

五:うん。インストっぽい感じと歌ものをどう混ぜるか、とかね。

H:へぇ、おもしれぇな。

五:でもちょっと、アルバムを出しすぎた感じで、いま空っぽで…なんにもアイディアが無いんですよ。

H:僕、おんなじ(笑)

テイ:(笑)

五:なんにもなくなっちゃって…(笑)9月に個展が控えてるんですけど、1枚も…なんにも描けないっすね。空っぽ。

テイ:だって、1年に3枚もアルバム出さないじゃないですか。自分で音作る人は。

H:出せないよ。うん。

テイ:すごいなぁ、と思って。

H:でもその…CDはいっぱい刷って売るわけじゃない?絵はどうなってるの?やっぱり、その場でみんな買ってくんですか?

五:そうなんですよ。

H:その噂を聞くけど、すげぇ…いい値段なんでしょ?

五:いや、なっちゃったんですよね…

テイ:5年で10倍ぐらいになった?

五:10倍まではいかないですけどね。

テイ:徐々に上がってってて…

五:でも、オークションってやつに、僕の絵を買ってくれた人が…すぐ売っちゃう人もいて。で、僕には1円も入らないんですけど。

H:あ、そうなんだ。

五:その、オークションの値段が異常に高くなっちゃって。

H:なるほどね。サザビー(Sotheby's)とかに出るわけ?

五:そうです。

テイ:まさに。クリスティーズ(Christie's)とか…表紙とかになってるんですよ。カタログの。

H:えええ…

五:ヤバいですよ。アート業界も。

テイ:中古レコードといっしょで、ぜんぜん[作者にリターンは]入ってこないんですけど。ま、額が違いますけど…

H:んー。何千万なんだろうね。おそらくね。

テイ:そうですね。

H:怖い。仕事頼めないじゃん(笑)

五:(笑)

テイ:でも、いくらでも描くでしょ。神様には…

五:もう、ぜんぜん…大丈夫です。その辺は。

H:大丈夫?じゃあ頼もうかな。

五:おお、ちょっと…ぜひ…

テイ:いまの2回貼っといてください。

五:(笑)

H:機会があれば…

(H:じゃあ頼もうかな。 五:おお、ちょっと…ぜひ…)x2

五:よろしくお願いします。

art-culture.world

 

 

テイ:まあ、『NEUE TANZ』もね、描いてくれたから。

H:そうだよ。だから、馴染みがあるんだよ。あれが出た所為でね。最初、テイくんかなとか思っちゃったりね。

テイ:いやいや、僕が五木田くんに振って。

H:振ったんだね。プロデューサーだね。

テイ:そうですね。「監修」ですからね。五木田くんとまりん砂原良徳)とやりたいな、って。

五:でも、あの『NEUE TANZ』のジャケも悩みましたよ。

テイ:うん。ボツにしたやつ見せてくれたよね。

H:へぇ。そういうことあるんだ。悩むんだね。

五:悩みますよ。やっぱり、YMOですから…

H:そうかそうか。そういうことね。

五:どうしたらいいかな…って。

テイ:で、"Solid State Survivor"は入ってないけど『Solid State Survivor』を[モチーフにした]…

五:そうですね。やっぱりあのイメージっていうのが強力だったんで。

H:あの、麻雀の?

五:そうですそうです。あの鋤田さん(鋤田正義)の写真が…

H:まあね。小学校のときからだったら、刷り込まれてるだろうね。

五:刷り込みですね。ええ。

www.youtube.com

 

テイ:五木田くんは『BGM』を最初に聴いたときはどうだったの?

五:わかんなかったですね、あんまり…

H:[当時は]小学生?

テイ:中学年くらいか。

五:なんか暗いなぁ…みたいな。

H:あー。だろうね。

テイ:最初ね。

五:まあ、大きくなってから大好きになりましたけど。でも、小学生にはね、なかなか…

H:だからね、そう思って作ったんだよね。「みんな"ライディーン"が好きなんだろ?」と思って。

五:(笑)

H:小学生がいっぱい増えて、運動会で"ライディーン"がかかってる最中に…あの『BGM』を作ったんだよね。だから「お母さんと一緒に聴いてください」って書いたんだよ(笑)

五:あと、「ヴォリュームを上げないように」*とかね(笑)

H:危険だからね。

五:書いてありましたね。怖かったですよ(笑)

[*『BGM』アナログ盤の帯裏に記載されていた文言、「65才以上の御老人、5才未満のお子様は、ボリュームを小さくしてお聞き下さい。」]

テイ:まあ、でも、結果的には振り落とされずに残ったクチですね。ウチらは。

H:そうだ。

五:そうですね。

テイ:近いところで仕事させて頂いて…

H:みんな集まってきちゃったね。結局ね。んー。そういうもんだよな。

テイ:そうなんですよね。

www.youtube.com

 

H:さあ、音楽、かけてください。五木田くん。

五:あー、また…いいですか?

テイ:さっきのCDからいこうか。

五:えーと…3[トラック目]…

テイ:あ、順番でいいの?

五:順番でいいです。

テイ:はい、3曲目いきます。

H:はい。

 

 

 

Tough de Times - The Emperor

 

   

 

テイ:うん、ちょうどいい長さだな。

H:(笑)

五:短いでしょ?

テイ:うん。2分40秒ちょうど。

H:これは誰なんだかぜんぜんわかんない。

テイ:ぜんぜんわかんない。僕いまジャケをね、想像してたけど浮かばなかった。

五:僕もよく知らないんですけど…(笑)

H:これでいいのかな?(笑)

五:エンペラー(The Emperor)っていうグループみたいですね。

テイ:どんなジャケ?

五:いや、これはなんかコンピで…最近出たラテン…マンボナントカっていうコンピレーション…

テイ:ちょっとオブスキュアな…

五:そうそうそう。それに入ってる。

[*↓これですか…?]

www.discogs.com

 

テイ:まあ、ラテン系、五木田くん好きだよね。

五:最近、なぜかラテンとかキューバの音楽とかが…なぜか好きなんですよね。

H:んー、いいよね。僕も好きなんだけど…いろんなものが好きすぎて困ってるんだけどね。

五:(笑)

H:聴くだけだったらいいよね。[自分でカヴァーを]やるとなるとね…(笑)

テイ:(笑)

H:どれをやったらいいんだろう、って。

テイ:あー…でも、細野さん今回ちょっとだけ…ちょっとだけでもないか。半分くらい打ち込み。ね。ひとりでぜんぶ作られてて。

H:そうだね。うん。

テイ:またなんか…で、ズルいなぁ、と思うのは。

H:え?

テイ:曲がもう、ぜんぶ良いじゃないですか。

五:うん。そもそもね(笑)

H:まあ、曲があるから…どうやってやるかだけだよ。問題は。

テイ:そうですよね。普通は…僕とかも、「どういう曲をやろうかな?」っていうところで…

H:いや…僕から言わせるとね、そっちのほうが楽しいの。

テイ:そうですか?(笑)

H:うん。白紙からやるほうが楽しいじゃん。自由だから。

テイ:まあ、自由ですね。

H:楽曲があって、しかも自分で作ったから、なんかやりにくいんだよ。

五:あー…

H:「どうやってやったらいいんだろう?」ぅて。そこから始まるから。

五:大変でした?

H:大変だった。もう、こんなに苦労したの初めてかも。

五:え?(笑)ホントですか。

H:ホントホント。だから…『HOCHONO HOUSE』っていう名前を付けたの。もう…頭にきたっていうか(笑)

五:(笑)

テイ:おちょくってやろう、みたいな。

H:そうそうそう。

五:でも僕、テイさんから最初…「なんか、細野さんがひとりで、打ち込みでやるらしいよ」っていうのを聞いたときビックリして。

H:そうかね?(笑)

五:「え?打ち込みですか?」って。もっと、こう…テクノっぽいのを勝手に想像してたんですけど…

H:テクノと打ち込みと違うんだ(笑)

テイ:(笑)なんとも言えないというか、細野さんならではというか。

五:そうですね…

テイ:やっぱりさっきの…やってることが広すぎて…

H:ひどすぎる?(笑)

五:(笑)

テイ:いやいやまさか…(笑)広すぎて、ワイドすぎて…やっぱり、理解不能な人もいるかもしれないね。

五:うーん。

H:それはね、いままでやってきてずっとそうだったの。インターネットの無い時代から僕はやってるわけだから。

テイ:そうですよね。

H:いつも…はっぴいえんどやったあと、トロピカルやってね。そのあとYMOでしょ。みんなついてこないんだよね。振り返ると誰もいない。

五:(笑)

H:ホントに、そういうことを何年かごとに繰り返してきたから。あんまりそういうことにこだわらなくなっちゃったんだよ。

テイ:んー。

H:で、いまになってビックリしてるの。さっきの帽子屋さんの話じゃないけど。

テイ:そうですね。

五:いやー、ホントですね。

テイ:ね。そこをdiscoverしたわけだね。ヤツらは。

H:まあ、そういうことなんだね。

五:だって、アメリカでもレコードがね…

テイ:出てたしね。

H:そうそう。

テイ:L.A.で買ったもんね。

五:L.A.でチラシも置いてありましたよ。

H:あ、ホント?最近僕、ぜんぜんアメリカに行ったことないから。どうしよう、と思って。

五:いや、ホントに人気あるみたいですよ?アメリカで…(笑)

テイ:(笑)

H:いや…(笑)困ったな。その、今までやったものはいいよ。でも、いまやってることはみんな知らないんだから。ブギとかやってるんだよ?

テイ:あー。そうですね。

H:で、ブギウギやっていいの?

五:いいんじゃないですか?ビックリするんじゃないですか?

テイ:うん。

H:ビックリするの?(笑)いやー、もうやんなっちゃった。

テイ・五:(笑)

五:ニューヨークに住んでる日本人たちがみんな、行こうとしたんだけどホントにsold outになっちゃって…

H:あー、そうかそうか。うん。

五:「行けないんだよ…」って残念がってましたね。

H:そう…そのほうがおもしろいっちゃおもしろいけどね。だいたい海外でやると日本人のお客さんがワーッて来てね…っていうことが多いじゃん。

五:んー。

H:そうじゃないほうが、まあ、冒険だよね。

テイ:うん。

H:でも、南部でやるのが怖いよ。

五:あー…

H:ニューヨークやロサンゼルスはなんとなくわかるんだよね。で、ロンドンでやったときも、すごくドキドキしたけど、やってみたら「大阪みたいだな」っていう印象(笑)

五:大阪…(笑)

テイ:ロンドンが…(笑)

H:お客さんはもちろん、ロンドンの人のほうが多いわけだけど、反応が大阪みたいなんだよ(笑)

五:へー。

H:もう、めんどくさいから[MCを]日本語でやっちゃったんだけど…(笑)それでもウケるんだよね。笑ってくれる。なんでだかね…(笑)

五:(笑)

H:まあ、ニューヨークもそれであってほしいんだけどね。ちょっと怖いんだよな。厳しいじゃん。

五:んー…

テイ:YMOはクラブ…DJとか。打ち込みをやってる人には昔からスタンダード…クラフトワークKraftwerk)とかYMO、知ってる子は僕が[NYに]いたころからいましたけど。ソロの細野さんのほうは…

H:そうそうそう。知らないんだよ。

テイ:まあ、YMOも含めた…それ以外のことっていうのが知られてきたっていうことですよね。

H:ああ、まあね…

五:んー。

H:まあ、そういうことなんだけどね。もう、やってみないとわかんないや。やってみて、コケたら報告するよ。

テイ:(笑)

五:報告…(笑)

 

H:あー…気が重い。そんなわけで、時間きちゃったね。あと1曲。

テイ:うん、細野さんの。

H:僕?

テイ:あ、五木田くん?どうする?どっちでも。

五:どうぞどうぞ。

テイ:どうぞどうぞ。

H:どうぞどうぞ。

テイ:(笑)

H:ダチョウ倶楽部じゃない(笑)

五:じゃあ、いいですか?6曲目を。好きな曲です。

テイ:はい。

H:というわけで、きょうはテイ・トウワ率いる…五木田智央さん。

五:はい。

テイ:はい。

H:お2人を招いてお送りしました。また来てくださいね。

テイ:ありがとうございます。

五:はい。ありがとうございます。

テイ:よいお年を。

五:はやい…(笑)

H:その前にクリスマスがある。

テイ:そうですね(笑)いやいや、神様なんで…(笑)

五:(笑)

H:なんだそれ(笑)

五:お参りみたいになっちゃう(笑)

H:お賽銭。

五:お賽銭は…(笑)

テイ:いやいやいや…

 

 

 

Till There Was You - Peggy Lee

 

 

 

 

2019.05.05 Inter FM「Daisy Holiday!」より


daisy-holiday.sblo.jp

 

H:こんばんは。細野晴臣です。きょ…

?:こんばんは!ん?(笑)

H:早い(笑)いいよ、自己紹介。

テイ:すみません…えー、テイ・トウワです。

H:ひさしぶりだね。

テイ:はい。

H:で、テイくんが連れて来たお客さんが…

テイ:はい、5コ下の…

?:はい、今年50歳になります。

H:歳、訊いてないけど(笑)

五:すみません(笑)えー、五木田智央と申します。よろしくお願いします。

H:わりと初めまして、ですよね。

五:そうですね。正式にお話しするのは…ええ。

テイ:そう、ぜひ…あれですよ、間接的にはお仕事をなさってて。『NEUE TANZ』のジャケットを五木田くんが。

H:それで知ってるんだ。

五:あ、そうです、そうです。

テイ:はい。なので、ちゃんとご紹介したいな、と思ったのと…

H:うん。

テイ:五木田くん、僕のちょうど5コ年下なんですけど、五木田くんには5コ上の兄貴がいて…ってことは、僕と同い年なんですよ。

五:そうです。

テイ:で、同じようにYMOで…兄貴の影響で。

H:YMO世代なのね。あ、お兄さんがね。

テイ:そうそうそう。それでおんなじように五木田くんも、スタートが…

H:聴いてたんだ。

五:はい。小学生で…(笑)

H:小学生?そっか。

テイ:僕より早い…で、ひとつ言い忘れなきゃ…あ。

H:言い忘れなきゃ?(笑)

テイ:(笑)言い忘れちゃいけないのが、兄貴の名前が「龍臣(たつおみ)」って言うんですよ。

H:「臣」がつくんだ。めずらしいね。

五:そうなんです。

テイ:しかも「龍」は坂本龍一の「龍」です。

五:「龍」に…「臣」なんですよ。

H:すごい名前だね。

テイ:「五木田龍臣」。

H:立派な名前だね(笑)

五:(笑)

 

テイ:…っていう自己紹介でした。

五:僕の兄の話でした。

H:そうだね。本人の話を聞きたいな。

五:あ…すみませんね。

テイ:で、五木田くんを僕は『ランジェリー・レスリング』っていう本で…

H:さっき頂いた…作品集?

五:はい。

テイ:ちらほらとイラストレーションを見てたんですけど、1冊にまとまって、「あ、この人、この作品集で大ブレークするな」って勝手に思ったんですね。2000年ぐらいに。忙しくなっちゃうんだろうな、って思ってた。

H:うん。

テイ:で、僕はちょうど家を建てたりとかしてたんで忙しくて、そんなこと忘れてたんですけど。あるときニューヨークに行ったら…バスキア(Jean-Michel Basquiat)っていう人がやってたギャラリーで…そこで五木田くん、やってんだ、って。

H:へー。

テイ:電話して、観に行こうと思ったらぜんぶsold outだっつって。

H:大人気なんだね。

五:いやいやいや…

テイ:で、それで対談する機会があったんで、「誰がいい?」って話で五木田くんを…で、初めて会った。

五:そのときが初対面ですね。

テイ:5.6年前…そうなんですよ。

H:あ、そうなんだ。

テイ:だから、会ってまだ5年ぐらいなんですけど、「これから僕は君の展覧会、世界中追っかけるから!」って。予告ホームランを。

五:ホントに来てくれてるんですよ。香港からニューヨークから…

テイ:L.A.とかね。

girlsartalk.com

 

H:で、これが『ランジェリー・レスリング』…ここになんか付箋が貼ってあって、「泰安洋行」って書いてあるんだよね。字だけ(笑)

五:そうなんです(笑)僕、ホントにもう、好き過ぎて…

H:ホントに?字が好きだったの?(笑)

五:(笑)あのアルバムが…

H:ああ、アルバムがね。

テイ:だから、たぶん僕より細野さんのこと詳しいな、と思って。

五:いやいや、そんなことないですよ(笑)

テイ:いやいやいや…でも、幸宏さん(高橋幸宏)ともずっとドラムの話とかしてるじゃないですか。

五:あー、まあ、…ええ。

テイ:龍臣もすごい、好きだもんね。 

五:泣きながら話してましたからね。

テイ:泣きながら「ユキヒロー!」って呼び捨てにしてた(笑)

H:(笑) 

五:抱きついてましたね(笑)

テイ:どんだけ好きなんだ(笑)

H:そう(笑)あ、音楽もやってらっしゃるの?

五:いやいやいや…まあ、趣味で…若いときにバンドはやってたんですけど。

テイ:バンドではベースと?トランペット?

五:いちばん最初はドラムをやってて。そのあとなぜかトランペットを始めて。

H:んー。

五:インチキジャズっぽいことを…やってたんですけどね。

テイ:でも、こないだの僕のアルバムで1曲、吹いて頂いて。 

H:トランペット?

五:実は吹いてるんです。

テイ:インスト曲で。

H:へぇ…すげぇな。

五:いや、すごくないんですけど…(笑)デタラメです。

H:あ、デタラメ?じゃあみんなおんなじだ。

五:(笑)

テイ:いやいやいや…(笑)

www.towatei.com

 

H:なんか、音楽…

テイ:うん、五木田くんの選んできた曲を…

五:僕の…いいんですか?

テイ:うん。焼いてきたやつを…これ、ぜんぶアナログからCDに。

五:そうです。

H:あ、そうなんだ。なにを聴いてるのかな。

五:じゃあ、まあ、1曲目…

テイ:聴いてみますか?じゃあ、曲紹介をどうぞ。

五:曲紹介、しないほうがいいんじゃないですか?

テイ:あ、しないほうがいい?

H:じゃあ、聴こう。

(再生、チリノイズ)

H:アナログだ…お。いい趣味だね。

五:いやいやいや…

 

 

My Happiness - Ella Fitzgerald

 

   

H:いいね。レコードの…何ノイズっていうの?スクラッチノイズ?これがステレオでいいね(笑)

五:(笑)

テイ:そうですね(笑)モノじゃなくて…

五:それも含めて好きになっちゃったんですよね。 このノイズも…

H:いいよね。これ…"My Happiness"はわかるけど、誰が歌ってるのかわからない。

五:これは、エラ・フィッツジェラルドElla Fitzgerald)。

H:あ、すごい古い…

五:1950年代ですね。

H:こういうのやってたんだね。

五:やってたみたいですね。

H:スキャットだけじゃないんだね。んー。新鮮。

テイ:そう。だから最近DJをいっしょにやったりとかするんで…

H:[DJで]こういう曲…?(笑)

テイ:こういう曲もかけるよね。

五:かけますね。

H:テイくんも最近そうだよね。

テイ:そうですね。比較的まだ、営業入ってますけど、僕の場合は(笑)ただTPOによっては…ね。

H:んー。

 

テイ:あ、そうだ。何をやってるかって言うと…2人で。まあ、ジャケットを描いてもらったり、近年、してるんですけど。

H:うん。

テイ:基本的にはうちら、物々交換を中心にしたユニットなんで。

五:(笑)

H:え?どういうこと?(笑)あげたり、もらったりしてるの?

五:主にレコードを…

H:あ、レコードね。

テイ:レコードを送りつけてるだけなんですよ(笑)

五:お互いにね。レコードオタクなんで。

H:いいなぁ。そこはちょっと入れないな、仲間にな。

五:細野さんはアナログをもう聴かない、っていう噂を聞いたんですけど。

H:いや、聴きたいんだけど…情報がもう、僕の中ではいっぱいいっぱいだから、ちょっとストップしてるんだよね。

五:あー…

H:そっち行っちゃうとまた…海のように広がっていくから(笑)

テイ・五:そうなんですよ。

五:危ないんですよ…(笑)

H:危ないでしょ(笑)あのね、仲間にそういう人が一人いるんで、その人に任せてるの。岡田崇くん。

五:あっ…

テイ:岡やんは五木田くん、よく知ってるんだよね。

H:あ、そうなんだ。

五:よく、っていうか、まあ…

テイ:紹介したもんね。同い年?かな?

五:たぶんそうですね。

テイ:50歳ぐらい?だから、[僕の]5コ下って小山田くん(小山田圭吾)とか、まりん(砂原良徳)とか…

H:独特の世代だね。

五:1969年生まれ。

テイ:世の中がみんなLSDやってた年。

五:(笑)

H:まあね(笑)日本ではあんまりいないけどね。

テイ:でも、まあ…盤を見て「69年レコ―ディング」とかだと、あ、これはサイケ入ってるな、とか。

H:まあ、サイケの時代っていうことは確かだね。

テイ:あと72年ぐらいになるとなぜかドラムがめっちゃ音良い、とか。

五:うんうん。

テイ:74年ぐらいを超えるとちょっとディスコ入ってきちゃう、とか。

H:マルチレコーディングの時代になってきちゃうね。

五:そうですね。

 

H:まあ、とにかく…職種は「画家」なの?

五:いまは、もう、画家ですね。

H:画家って言っていいわけね。

五:もう、そう言わざるを得なくなっちゃって…

H:いつから描いてるんですか?

テイ:(笑)

五:いや…絵はもう、ホント幼稚園ぐらいから大好きで…

テイ:ヤバかった話が、レコード買いたくて。図書カードをもらいたくて…投稿マニアだったんでしょ?

五:そうです、そうです。それはもう、小学生のときから…雑誌に、ハガキに絵を描いて送って…掲載されると図書券がもらえてたんですよ。

H:あ、そう。

五:で、新宿の裏手のレコード屋さんがあって…そこで図書券でレコードが買えて。

テイ:(笑)

H:えー、そんなの初めて聞いた。

五:それを発見して…投稿マニアになっちゃって。

H:それで一生懸命描いてたんだ。

五:そうですね。もう、賞金稼ぎみたいな…

テイ:それが最初でしょ?

五:そうですね。

テイ:で、イラストレーターやって…それでイラストの仕事が増えて、イヤになっちゃったんでしょ?

五:そうっすね。職業…はなんでもよかったんですけど、絵を描くのが好きなだけで。「まあ、イラストレーターでもいいや、食えるなら。」っていう感じでいたんですけど、なんか…実際に仕事になっちゃうと大変で。

H:あー…

テイ:好きな絵を描けないもんね。

五:描けないですね。

H:あー、そうか。

五:クライアントがいて、頼まれるわけで…だんだんいろんなプレッシャーとか…イヤになっちゃって。

H:なるほど。

五:どうしようかな、って。

テイ:で、それでインド行ったんだっけ?

H:あれ、じゃあ横尾さん(横尾忠則)とおんなじじゃん、まるで(笑)

テイ:(笑)

五:インド行ったんすよ(笑)インド行ったり、メキシコに逃げたり…

テイ:で、ニューヨーク行ったんでしょ?最後。

五:そうですね。

テイ:で、また、息子がね…五木田くんの息子が横尾さんとかにハマってるんでしょ?いま。

五:横尾さん…そうですね。好きになってますね。

H:んー。

テイ:コラージュがね。

五:うんうん。

H:おもしろいね。なんか、こう…つながってくんだね。

テイ:そうなんですよね。

五:最近、横尾さんとは…?

H:あのね、今度会うけど、最近はちょっとまだ…今年まだ会ってない(笑)

五:あ、そうですか 。

テイ:ちょうど10コ上でしたっけ?細野さんの。

H:そうなのかな?

テイ:81歳ぐらい?

H:うん。そのくらいだね。元気ですよ。

テイ:ですよね。

 

H:えーと…「ゴキタ」っていう字はどう書くの?

テイ:5コ上の「五」でしょ?

五:えー、五木ひろしの「五木」と書いて、田んぼの「田」ですね。

H:あーそう?へぇ、めずらしいね。

五:めずらしいですね。

テイ:初めてですよね。

H:うん、初めて聞く。なるほど…最近の画集っていうか…

テイ:いちばん新しいのはどれでしょう?

五:いちばん新しいのは…それ[『777』(2015年)]ですね。

H:これね。パラパラって見ると…ぜんぶモノトーンじゃない?

五:はい。

H:これは…意図してるんだね。最初からそうですか?

五:いや、それも…別に[こだわりは]無いんですよね(笑)

H:無いんですか(笑)これって、原画は色ついてるの?

五:いやいや、白黒です。

H:あ、白黒なんだ。すごい。なんか、音楽に通じるかも。モノが好きで、ノイズがステレオとかね(笑)

五:(笑)

テイ:そうですよね。世の中はステレオで、カラフルで見えてるけど、絵を見ると白黒っていう。

H:なるほど…

五:いや…ね。カラーの作品も作りたいんですけど…なんか、自然な流れでこう来ちゃったんで…

H:それもめずらしいかもね。

テイ:「白黒の人」で有名になっちゃったからね。ここ5年ぐらいね。

五:そうなんですよ。だから、いつかね…フルカラーで。いきたいんですけどね。

H:なるほどね。

www.cinra.net

  

 

H:テイくんなんか曲かけなよ。「紹介者」だけじゃアレだよ。

テイ:そうですね。別に…マージンもらってるわけでもないので。

H・五:(笑)

テイ:最近…自分の番組もあったりして…あと、[自分の作品を]作ってると、ぜんぶサンプリング元みたいになっちゃうんでなかなか…

H:営業になっちゃうのね。

テイ:営業というか…そうですね。どうしよっか…まあ、じゃあ、"Tenderly"かな。こないだ自分の番組でもかけたけど。

 

 

Tenderly - Los Admiradores

(from 『Bongos』)

 

 

テイ:ふっ…(笑)

五:なんですか?(笑)

テイ:いや、よく[パーカッションを]叩くなぁ、と思って…(笑)

H:(笑)

五:ホントですよね(笑)

テイ:冗談音楽…(笑)これ、『Bongos』っていうアルバムですからね。

H:じゃあ、しょうがないか(笑)

五:ボンゴ、でかいですもんね、音。

テイ:そうね。

H:ボンゴ、買ったの。

テイ:あ、そうなんですか?

H:あっちに置いてある。

テイ:あれ、入ってましたっけ、『HOCHONO HOUSE』には…

H:いや、『HOCHONO HOUSE』には入ってない。これは誰なの?

テイ:これはですね、"Tenderly"で…コマンド・オールスターズって…コマンド・レーベル(Command)が…

H:あったね。

テイ:あ、ご存知ですか。

H:なんか、ステレオが売り物の…

テイ:そう。これはまさにステレオ・チェックレコード。

H:あー、やっぱりそうか(笑)

五:テイさんがすごく持ってて…(笑)

H:あ、そう(笑)ステレオ好きだよね。

テイ:(笑)や、その頃そういうのばっかり聴いてて…93, 94年。ディー・ライト(Deee-Lite)を辞める頃に…

H:あー、その頃か。

テイ:それで『Future Listening!』っていう…「イージー・リスニング」じゃあなんもないな、と思って。よく聴いてたんですよ。ハジメさん(立花ハジメ)なんかといっしょに。

H:なるほど。そういう人たちが好むのはよくわかるわ。んー。

テイ:そうですね。あとは、まあ、音響を含めた良さというか。アレンジのおもしろさというか…もう1個、ちろっと聴いていいですか?

H:いいよ!

テイ:これはハジメさんがパクってるのを最近気が付いたんで。

五:またですか(笑)

H・テイ:また(笑)

H:そこら辺、問題じゃないの?(笑)

五:問題かな…(笑)

テイ:いま、「また」ってハモってたね(笑)

H:(笑)

 

 

Diga Diga Doo - Bob Thompson Orchestra and Chorus

(from 『Just For Kicks』)

 

 

テイ:はい。僕はもう、ここで終わりです。いまので大体1分30秒…

H:はい(笑)ありがとうございます。

テイ:ね?わかったでしょ?

五:うん、わかった。

H:僕はぜんぜんわかんない。

テイ:あ、そうですか?

H:ぜんぜん会ってないよ。ハジメと。

テイ:あ、そうですか。

H:…まあ、ハジメはいいや(笑)ハジメは大丈夫。

テイ・五:(笑)

テイ:うまくまとまって…

H:はい。

 

テイ:あれ、細野さんは今回、かけられないんですか?曲は。

H:こういう場合かけないね。

テイ:あ、そうですか。かけないんですか?

(スタッフ:(笑))

H:持ちネタが無いんだよ。

テイ:そうですか?じゃあ、五木田くんのCD、2曲目いきましょう。

H:そうしよう。

五:じゃあ、2曲目、お願いします。

テイ:これは…何分くらいあるんだろ…ああ、3分…

五:こないだ500円で買ったレコードですね。

H:500円?

テイ:あの…まあ、ここまで聴けばいいな、ってのがあれば途中でもいいです。

五:はい。

H:うんうん。じゃあ、さわりだけでも…

 

 

Hana Maui - Chick Floyd

(from 『Little Grass Shack』)

 

 

 

H:いいね。こういうのも…

テイ:誰ですか?

五:これは…チック・フロイド(Chick Floyd)っていう人ですね。

テイ:ああ!

五:リバティ・レーベル(Liberty)。

H:へぇ…

テイ:なんの楽器の人?

五:よくわかんないですね…

テイ:チック・フロイドって…そうか、五木田くんに教わったのかな?

五:こないだ見せたエキゾなジャケットのやつですね。

テイ:あー、あれか。

五:うんうん。

H:2人でやってよ。

五:(笑)

H:入っていけない(笑)

五:入ってきてください(笑)

H:チック…なに?

テイ:チック・フロイド。

H:知らないよ。

五:1950年代…

H:いいね、でも。

テイ:完璧にマーティン・デニー(Martin Denny)の亜流というか…

五:そうですね。

テイ:レーベルもいっしょだもんね。

H:そうか、リバティね…んー。やっぱり詳しいね、お2人。アナログ聴いてるとね。

五:いえいえ…

H:レーベルの話とか、あんまりしないから。いま(笑)

五:(笑)

テイ:まあ、僕もでもわかんないことがあったら岡やんにメールしてますよ。

H:ああ、岡田くんがいればこの辺は…

五:岡田さんはすごいですね…

H:なんでも知ってるよ。

テイ:そうね…こっちは得意ですね。

 

H:じゃあ、僕もかけようかな。

五:ぜひぜひ。

H:いまのを聴いてちょっと思い出すんで。えー…ウナ・メイ・カーライル(Una Mae Carlisle)っていうね…数年しかやってない、1940年代の人。

五:うわ…

H:ジャズ…ピアノを弾きながら歌う、美人。

 

 

It Ain't Like That - Una Mae Carlisle

 

 

 

H:まあ、ここら辺で…

テイ:あれ…せっかちが伝染ってきましたね(笑)

H:そうそうそう(笑)あのね…こういう曲かけてもあんまり反応しないじゃん。

テイ:いやいや、好きですよ。あんまり知らないだけです。

五:好きです好きです。

H:あ、ホント?お2人は「音響」で聴いてるんだよ。

五:あー…

H:絵を描く人たち、そうだよ。絵のように楽しんでるんだよね。僕はね…カヴァーしたいな、とかね。「曲の良さ」で聴いちゃうんだよ。

テイ:あー、そうですよね。「音符」的な。キーとか含めて。

H:そうそうそう。だから、あんまり音響的にはそんなに…おもしろいわけじゃないじゃん。これは。

テイ:んー、いい音だと思いますよ。でも、それをiTunesとかで買われてるわけですよね?

H:そうなの。

テイ:ですよね。

H:あの、チリチリいわない…

五:(笑)

テイ:(笑)でも、[アナログでも]そういうときもありますよね。

五:うんうん、ありますあります。

テイ:でも、なんかもう…配信でも買えたりするから、なるべく物として…アナログで出てたらアナログで買いたい、っていう…

H:その気持ちはわかるけどね。

五:そうですね。

H:でも、増える一方で大変じゃん。

五:大変ですね。それが問題ですね。

テイ:重いし、デカイし…で、どこにあるかがわかんなくなって、それでめんどくさいから[同じものを]買っちゃうんですよ。

五:(笑)

H:それって…DVDもCDもおんなじだよ(笑)アナログに限らないね。

テイ:で、2枚とかになったときに…

H:あ、それで物々交換…

五:そうですそうです(笑)

H:…入れてもらおうかな(笑)

五:(笑)

テイ:あと…おとといね、話してて…お2人と。会長と、神様と。

五:はい。

H:幸宏と…?

テイ:細野さん。

H:そっか…(笑)はい。

テイ:で、『HOCHONO HOUSE』を聴いた感想として…感想って言うとおこがましいですけど…僕はひさしぶりにスケッチショウを聴いてみて、いい感じだな、と。

H:なるほど。

テイ:2002年ですから、だいぶ前ですよね。

五:んー…

H:じゃあ、その話は来週、聞かして。

テイ:はい。

H:もう、時間来ちゃったから。

テイ:来ちゃった?(笑)じゃあ、来週の頭これで始まります?

H:オッケー。そうしよう。じゃあ、またね、お2人。

五:はい。

テイ:はい。

H:名前言わないけども。

2人:(笑)

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

テイ:ここでお知らせがあります。5/11に銀座のPLUSTOKYOというところでですね、僕とか五木田くんがDJをして…食べたい人はバーベキューもできるんで。屋上で。夕方5時から…終電までには終わるというね。そういうパーティを今後、いろいろやっていきたいなと思ってます。

H:えー、楽しそうだな、それ。

テイ:そうなんですよ。バーベキュー、食べに来てください(笑)

H:いいねぇ。11日。え、銀座のどういうとこ?

テイ:新しい…本当にもう、クラブですね。ほぼ日本橋に近いんですよね。銀座って言いながら。

H:日本橋、いま、いいよ。場所としてすばらしい。

テイ:以上、営業でした。

五:(笑)

 

www.towatei.com

 

2019.04.28 Inter FM「Daisy Holiday!」より

さよならMinute Merengue…(?)

 

daisy-holiday.sblo.jp

 

H:こんばんは。細野晴臣です。きょうは…まあ、平成最後の…放送ですね。ということで、レギュラーの?

O:こんばんは、岡田崇です。

越:こんばんは、コシミハルです。

H:ひっさしぶりだね。

越:すごい久しぶりです。風邪も治ったし!

H:ずっと風邪引いてたの?

O:(笑)

越:そう(笑)久しぶりに大変でした。

H:なんかね、弱ってるよね。免疫がね。春ってそうだよね。免疫低下する、って言うから。桜、なんか観たの?

越:観ました。

H:ほう…どこがよかった?

越:中目黒、きれいでしたね。

H:中目黒か。近づきたくないなぁ…

越:すごい人でしたよ。

H:あれ、岡田くんの住んでる場所の周辺って桜多いでしょ?

O:すごいですよ。

H:部屋から見える?

O:部屋…からは見えないですね。

H:そうか。残念だね。んー。

O:まあ、近所歩くともう、すごいです。

H:今年はすごかったね。長持ちしたというか。寒かったり暖かかったり大変だったな。

越:うん。

O:そうですね。

 

H:というわけで、平成の最後なんですよ。この番組。

O:ねー。もう、20年ぐらいですね。

H:すごいね。平成って30年でしょ?…ほとんど平成の番組なんだね(笑)

O:(笑)

H:で、4/1のエイプリル・フールに「令和」って発表されたでしょ?

O:はい。

H:令和の「令」が…なんだかんだと、いろいろ取り沙汰されてますけどね。海外の報道では。「命令」の「令」だ、みたいなこと言われてて。

O:そうですね。最初にそういう印象はありましたね。

H:あるよね。まあでも『万葉集』から、とかいろいろ…それで僕はね、この令和っていうのをこれからまた…長い付き合いですから、馴染まないといけない、と思って。

O:ええ。

H:いろいろ考えて、ある結論に至ったんですよ。

O:どんな?

H:聞きたい?

O:はい。

H:もう、この番組でしか言わないよ(笑)

O:(笑)

H:えーとね…話が長くなるから、1曲かけてからにしようかな。岡田くんどうぞ。

O:あ、じゃあですね…最近入手した、大きな16インチのトランスクリプション盤、ラジオ用の。

H:はい。

O:アル・ケイヴリン・オーケストラ(Al Kavelin Orchestra)という1940年ごろの…カーメン・キャバレロ(Carmen Cavallaro)が最初にデビューした楽団なんですけど。そこの楽団が…"Six Lessons From Madame La Zonga"という曲をやっております。

 

 

Six Lessons From Madame La Zonga - Al Kavelin Orchestra with Patti Morgan

 

   

H:いいですね、カリプソ

O:いいですね。

H:40年代の音だな。

O:ちょうど1940年の録音なんですけど、けっこうノイズが…もともとのディスクにはあったんですけど。

H:うん。

O:アイゾトープ(iZotope)で…ノイズを取ったんですね~(笑)

H:岡田くんもアイゾトープかい。

O:すっごいですね。

H:すごいでしょ?優れてるよね、最近のアプリケーション。

O:ちょっと感動…楽しくって。ノイズ取るのが(笑)

H:わかるわかる(笑)

O:カセットテープとかもすごい、よみがえって…

H:なんでそういうことが楽しいんだろうね。

O:(笑)ひと皮むけた感じになって…

H:そうだったんだ。そうかそうか…

 

www.izotope.com

 

H:で、その令和の話なんだけど…その前に、みんな昭和生まれだよね、僕たち。

越:うん。

O:そうですね。

H:昭和生まれってのは…明治・大正・昭和だったから、当時。明治生まれのおばあちゃんとか、みんな元気だったんだよね。最近、明治の方はホントに…稀な存在になっちゃったね。

O:んー。

H:稀っていうか長寿の…最高長寿の人、とかね。そういう人たちになっちゃった。えー、昭和何年かな?あ、それは訊かないほうがいいね、ミハルちゃんにはね。

越:.......(笑)

H:(笑)で、平成になって…大正・昭和・平成になったんだね、だから。「三世代」って言うと。

O:そうですね。

H:大正時代っていうのは僕たちの、母親たちが…お父さんもそうだ。そうじゃない?違うの?…あれ?(笑)

O:うちは昭和ですよ。

H:昭和?えー!?

越:うちも。

H:昭和??ご両親昭和?…そうかい。ビックリだね。

O・越:(笑)

H:母親はまだ健在ですけどね。大正生まれですよ。大正は短かったんだよね。15年とか。昭和が長かったね。で、平成は30年、と。そうすると、昭和・平成・令和になるわけだ。

O:うん。

H:で、令和の話だね。…長くなるんで、曲、かけようかな。

O・越:(笑)

H:ミハルちゃんどうぞ。

越:あ、じゃあ、えーとね…『シャイニング(The Shining)』の映画の中で使われてた…

H:およ?

越:レイ・ノーブル(Ray Noble)の…

H:お、目の付けどころがシャイニング*だね。

O:(笑)

[*令和世代のための註釈: 日本で創業した家電メーカー・SHARP(シャープ、旧・早川電機工業)がかつて使っていた企業スローガン「目の付けどころが、シャープでしょ。」のパロディ。]

越:"Midnight, The Stars and You"といいます。ヴォーカルはアル・ボウリィ(Al Bowlly)です。

 

 

Midnight, The Stars and You - The Ray Noble Band with Al Bowlly

 

    

H:いやー、『シャイニング』を思い出すね。

越:ね。目に浮かびますよね。

H:まあ、怖い…けど、なんともノスタルジックな…ね。ただ、この曲だけ聴くと別に怖くはない(笑)

O:(笑)

 

H:えーと、じゃあね…令和の話か(笑)ちょっとめんどくさくなってきた(笑)

O:え?(笑)

越:(笑)

H:あの、じゃあ、言うよ。言う、言う。えー…大事な話なんだよ。ホント。じゃあその前に…(笑)

O:(笑)

H:わかってない、と思うでしょ。わかってんですよ。「令」って、発表のときも筆で書いてたでしょ。どなたかはわかんないけど。で、棒が一本長いじゃない、「命」みたいな字。だから「命」みたいな意味もあるらしいんだけど。

O:んー。そうなんですね。

H:だから、いい意味もいっぱいあって、でも、「命令」とかそういうイメージもあって、2つ意味があるっていう。どっちを取るかはきみ次第っていうね(笑)そういうことなんでしょうね。

O:(笑)

H:で、実は…手書きで書くと、まっすぐな棒じゃなくて「マ」になるんだよな。あの、「鈴」っていう字がそうじゃん。「金」偏に「令」って書いて…活字で書くとまっすぐ棒が下に降りてくけど、手書きだと昔から「マ」なんだよね。で、パソコンでね、フォントがあるじゃない。そういう字があるのかどうか[調べたら]、ぜんぶ棒なんだよ。「命」系の。で、パソコンで「マ」にしたいなと思ったんだけど、探したら中国語しかないの。中国語フォント。それだと、やわらかい感じになる。だから…フォントっていうのは社会的なものだから、社会がそういう体制になっていくのか、とか思っちゃったりね。でも個人は、「マ」でいきましょうよ、と…きみ次第ですよ。

O:(笑)

H:まだもうちょっと話したいんだけど、このぐらいにしとこう。はい、じゃあ曲お願いします、僕。はい。

O:(笑)

H:ではね…昔の、ポランスキーRoman Polanski)の…ポーランド時代の『袋小路(Cul-de-sac)』。

越:あ、それすごい好き。

H:ああ。クリストフ・コメダ(Krzysztof Komeda)っていう人が作ってます。

越:カッコいい…

H:主題曲です。"Cul-de-sac"。

 

 

Cul-de-sac - Krzysztof Komeda

  

 

H:そういえばね、こないだ…つい先日ですけど、テレビで次のハレー彗星がいつ来るか、っていう話をしてて。正確にはちょっと憶えてないですけど、40年以上後なんですよ。

O:んー…

H:前来たときは僕、観てるのね。1980年代。グアム島まで行って観てきたんですよ。

O:すごい…(笑)

H:みんなでね。僕、脚の骨折って、ギブスはめて観に行って…(笑)

O:ああ、あの頃ですね。

H:そうそうそう…(笑)それでバスの運転手に怒られたりして。「脚の骨折ってまで来るな!」みたいな(笑)

O:ひどい(笑)

H:日本人なんだよ(笑)ゆっくり歩いていったからね。で、そのハレー彗星が…次は46,47年後かな。だから、次はぜったいに僕は観れない。と思って、すごいさみしい気持ちになったの(笑)さあ、君たちはどうかな?

O:…ギリギリ観れるのかどうか…(笑)

H:まあ、生きてたら観てね。

O:はい。

H:次の時代のハレー彗星の観測って、その[彗星の]そばまで行って中継するっていうことが起こりうるわけだからね。

O:おー、すごい…

H:見物ですよ。いいなぁ、みんな。観れないよ、確実に観れない、僕…えー、がんばろうかな。

越:(笑)

O:がんばってください、ぜひ!

H:これ、がんばって生きれるもんなのかな?(笑)歯ぁ食いしばって。

O:(笑)

H:だから、いまのテレビ出てる人たちはわりと若いから、みんな観れるんだろうなぁ、とかね。思うんですよね。

 

spaceinfo.jaxa.jp

 

H:そんなこんなで…平成最後の曲、1曲。

O:平成最後の曲って言われると…(笑)

H:気楽に気楽に。

O:気楽な曲をかけます。じゃあ、ハリー・ブリュアー・グループ(Harry Breuer Group)という…さっきの選曲のB面がハリー・ブリュアーの40年代のグループなんですけど。

H:うん。

O:それで…"Mystery Man"という曲を

 

 

Mystery Man - Harry Breuer Group 

 

  

H:はい。ハリー・ブリュアーと言えばですね、ずっとこの番組のテーマでお世話になってますよね。

O:そうですね。"Minute Merengue"。

H:もう何十年と…ずっとこれでやってきました。

O:はい。

H:が、しかし…5/1から令和になりますので、そろそろテーマ音楽を変えようかな、と。

O:おお。

H:でも、すぐには出来ないんで…当分はいまの…♪チーチッキ チーチッキっていうやつから始まりますので、よろしくね。

O:(笑)

H:来月からね。えー、いま思いついたことなんですよね。それでは…ミハルちゃんどうぞ。

越:じゃあ、また映画音楽の中から…

H:おー、なんだこれは…(笑)

越:リリアーナ・カヴァーニ(Liliana Cavani)の…

H:いいね、よく観てたよね。

越:なつかしい。『愛の嵐(Il Portiere di notte, The Night Porter)』のテーマ曲を。

H:影響されたよね。

越:ダニエレ・パリス(Daniele Paris)。

H:昔は「ダニエル・パリ」って言ってたんだけど、作曲家ね。

越:そうです。イタリアの作曲家…

H:この曲は…原美術館で1回演奏したね、僕たち。

越:…あ、そうだっけ?

H:そうだよ。

越:私はサロン・コンサートでやりました。

H:そういえば、1回しかやったことないけどね。ぜひ聴きましょう。

越:はい。

H:ということで、平成最後の曲は…"愛の嵐(Portiere Di Notte)"(笑)

O:(笑)

H:最近、この世に足りない…エロスですけどね。ではまた来週も…来週じゃないや、来月…来週だやっぱり(笑)

O:(笑)

H:令和の時代にお会いしましょう。

 

 

Portiere Di Notte - Daniele Paris